1. TOP
  2. ポケモン図鑑
  3. 【スーパーリーグ】トリデプスのブレイクポイントとパーティ!対人戦(PVP)の立ち回りと注意点!【ポケモンGO】
Sponsored Link

【スーパーリーグ】トリデプスのブレイクポイントとパーティ!対人戦(PVP)の立ち回りと注意点!【ポケモンGO】

トリデプス(Bastiodon)
タイプ岩&鋼タイプ
SCP2004
CP1497
攻撃78.99
防御252.93
HP142
理想個体値0-15-14(Lv.50)

 

 

Sponsored Link

トリデプスの対戦動画(その1)

 

 

よかったらチャンネル登録よろしくお願いします♪

 

 

スーパーリーグでの長所と短所

 

長所

最大の長所は耐久力です。元々の防御が非常に高く、更に鋼タイプの優秀な耐性も兼ね備えているため、弱点を突かれない相手には倒されにくく、「等倍」の相手でも、ちょっとやそっとではやられないのが特徴で、その結果、見せ合いの6体に入っていると「相手は対策を考えざるをおえなくなる」という側面があります。

また、しっかりとした対策ポケモンがいないと、ちょっとやそっとでは倒されにくいポケモンなので、GOバトルリーグのようなフリー対戦でも活躍が期待できます。その頑丈さ故、やられづらいポケモンなので、初心者の方にもおすすめのポケモンの1匹です。

 

短所

得意なタイプには、圧倒的に有利に立ち回れますが、苦手なタイプ(格闘タイプ・地面タイプ・水タイプなど)には、なす術もなくやれれてしまいます。また、重いゲージ技しかないため、どんなにゲージを貯めても2発連続でゲージ技を撃つことができません、更に技の回転も良くないので、有利なタイプにゲージ技を当てるつもりが逃げられてしまうことも少なくないです。そのため、苦手なタイプには起点にされてしまうことも多々あります。

たまに「ミラー対決(トリデプスvsトリデプス)」になりますが、その場合は「ラスターカノン」を覚えている方が有利です。

 

主な立ち回り

ポケモンGOでは、PVP実装初期の頃から猛威を振るっていた、チルタリスを一方的に倒せる上、人気のトロピウスやエアームドも楽に葬り去ることができるので、以前は使用する人が多いポケモンでしたが、現在では、鋼の王様、ガラルマッギョにその座を奪われて見る機会は減りました。ですが、耐久力の高さに関してはガラルマッギョよりも上なので、飛行タイプに当てると圧倒的に有利に立ち回れます。

相手の格闘タイプ・地面タイプ・水タイプを倒し切った後に、こいつが出てくると相手はなす術もないということも多々あるので、隠し玉として使ったり、有利な対面を意識して戦いましょう。

スーパーリーグ1位の個体は「攻撃0、防御15、HP14(PL50)」、野生でしかゲットできない個体なので、入手難易度が高く。XL飴も必要なため育てるのも大変です。基本的に特定のイベントでしか出てこないので、フレンドさんから交換でXL飴を集めるか、相棒にして歩いてXL飴を集めていきましょう。尚、交換の場合は相手のポケモンとの距離が100km以上離れていると、XL飴の獲得確率が100%になり、相棒の場合、PL31以上まで育てていると70%くらい?の確率でXL飴を持ってきてくれるようになりますので、その仕様を意識してみるとXL飴を集めやすくなります。

 

●PVP初心者向け!ちょろのちょろっとメモ!
トリデプスは、以前の環境ではスーパーリーグで必須のポケモンでしたが、今の環境では、ガラルマッギョにその座を奪われてしまいました。というのも、ガラルマッギョはトリデプスに一方的に勝つことができ、更にトリデプスが全く歯が立たない相手にも強く出られることが多いからです。また、現在のPVPの環境は鋼対策が必須になっているため、鋼タイプの天敵が環境に多く出回っている点も逆風になっています。ですが、GOバトルリーグのような「何が出てくるか分からないバトル」では、まだまだ活躍が期待できるので、育てて損はありません。タイプ相性で有利を取ることができれば一方的に相手を追い詰めることができます。

 

 

トリデプスの覚える技と特徴

 

技1(通常技)

技名
タイプ
威力
DPT
時間
ターン
増量
EPT
備考
うちおとす
14.4
4.8
1.5秒
3ターン
8
2.67
アイアンテール
10.8
3.6
1.5秒
3ターン
6
2

※DPT 「1ターン毎に相手に与えることができるダメージ量」高いほど多くのダメージを与える
※EPT 「1ターン毎に貯められるゲージの増加量」ゲージ増加量の効率の良さを表している

 

●うちおとす(岩:タイプ一致)

威力は14.4と高火力だが、EPTは2.67と並です。大技のゲージ技が多く、ゲージの貯まりが遅いので、弱点を突いてる場合は「うちおとす」だけでゴリゴリ押して、ゲージはできるだけ温存しておきましょう。

●効果ばつぐん  炎・飛行・氷・虫
●効果いまひとつ 格闘・地面・鋼

 

●アイアンテール(鋼:タイプ一致)

スーパーリーグにおいて、鋼タイプを弱点とするポケモンは、現環境ではあまり使用されていません。なので、ゲージ増加量・DPT・EPT、全てにおいて優れている「うちおとす」の方がおすすめです。

●効果ばつぐん  氷・フェアリー・岩
●効果いまひとつ 炎・水・電気・鋼

 

技2(ゲージ技)

技名
タイプ
威力
DPE
消費備考
ストーンエッジ
120
2.18
55
かえんほうしゃ
90
1.64
55
ラスターカノン
132
1.89
70

※DPE 「威力÷ゲージ消費で算出されたゲージ1あたりの威力地」技2の威力の効率の良さを表す。

 

●かえんほうしゃ(炎)

タイプ不一致ではありますが、威力もそこそこあるので、草タイプをけん制することができます。また、鋼タイプへの打点にもなるので、覚えさせている人も多い技です。現環境では「ストーンエッジ」に次いで人気と言えます。

●効果ばつぐん  草・氷・虫・鋼
●効果いまひとつ 炎・水・岩・ドラゴン

 

●ラスターカノン(鋼:タイプ一致)

高火力の技なので、相手に叩き込めれば一発逆転も狙えますが、トリデプスは技の回転率が遅いという特徴があるため、シールドを貼られるとかなり厳しくなります。ただし、人気の高いポケモンのため「ミラー対決(トリデプスvsトリデプス)」になることもあり、その場合は、ラスターカノンを覚えている方が有利になります。

●効果ばつぐん  氷・フェアリー・岩
●効果いまひとつ 炎・水・電気・鋼

 

●ストーンエッジ(岩:タイプ一致)

トリデプスは、ゲージ技の回転率が悪いという短所があるので、トリデプスが覚えられるゲージ技の中では、消費が少ない「ストーンエッジ」はデフォルトレベルです。また、PVPでトリデプスを使う際には、飛行タイプを視野に入れて使うことが多いので、現環境では必須と言えます。

因みに「初手マリルリのハイドロポンプ」と「初手トリデプスのストーンエッジ」は同じタイミングで貯まるので、それより早く相手が技を撃ってきた場合にはシールドを張る必要はありません。

●効果ばつぐん  炎・飛行・氷・虫
●効果いまひとつ 格闘・地面・鋼

 

ゲージ技のタイミング

技名
タイプ
うちおとす
アイアンテール
ストーンエッジ
7-7-7-7-710-9-9-9-9
かえんほうしゃ
7-7-7-7-710-9-9-9-9
ラスターカノン
10-10-10-10-1012-12-11-12-12

 

●PVP初心者向け!ちょろのちょろっとメモ!
現環境では、通常技は「うちおとす」の一択です。もうひとつの通常技「アイアンテール」は、威力・ゲージ増量共に低いのでおすすめできません。ゲージ技は飛行タイプ(チルタリスやトロピウス)を視野に入れて使うことが多いので「ストーンエッジ」の採用がおすすめです。また、人気の高い鋼タイプ(エアームドやメルメタル)を相手にした際に打点になる「かえんほうしゃ」もおすすめです。トリデプスの魅力は、何と言っても耐久性能の高さにあるので、通常技だけで落とせそうな場合は、できるだけゲージ技を温存しておくのもポイントです。ただし、それは同時に「相手がゲージを貯める起点になったり、交換をするための時間稼ぎになる」という側面もあるので、その辺も意識しながら立ち回りましょう。

 

 

ダメージ倍率とタイプ相性

 

倍率 タイプ
×2.56  格闘 地面
×1.6  
×0.63  氷 虫 ドラゴン エスパー 岩 フェアリー
×0.39  ノーマル 飛行
×0.24  

 

トリデプスは、とにかく、格闘技・地面技・水技、この3つが苦手です。なので、これらの技を使うポケモンとは当たらないようにしましょう。もし当たってしまった場合は、起点にもされやすくかなり不利です。ですが、それ以外のタイプの技を撃つポケモンが相手ならば、その圧倒的な耐久性能でなんとかしてくれることが多いです。なので、そんな場合はイケイケで押しましょう。

 

基本的に得意なポケモン

 

●炎タイプ

岩技の「うちおとす」で炎タイプに強く出ることができます。トリデプスは岩&鋼タイプのため、炎技は「等倍」になりますが、トリデプスは耐久力が高いので有利です。ただし、Aガラガラの「ほねこんぼう」には二重弱点を突かれてしまうため、なんだかんだ結構ダメージを受けてしまいます。威力が低い技ですが注意しましょう。

 

 

●飛行タイプ(飛行技)

火力が高い通常技「うちおとす」は飛行タイプを圧倒することができます。特に今でもスーパーリーグで人気のチルタリス・トロピウス・エアームドと対峙した場合、相手の技がほとんど脅威にならないので、基本的には一方的に倒すことができます。

 

 

●フェアリータイプ(フェアリー技)

高火力の通常技「あまえる」の被ダメを抑えることができるので、フェアリータイプにも有利に立ち回れます。相手の3体の中にピクシーなどのフェアリーポケモンがいる場合、こちらにトリデプスがいるだけで相手へのけん制ができます。

 

 

●虫タイプ(虫技)

トリデプスは鋼&岩タイプのため、虫技には二重耐性があり、更に岩技の「うちおとす」が「効果ばつぐん」で入るため圧倒的に有利です。ただし、虫ポケモンでも、スピアーは地面技の「ドリルライナー」で、トリデプスに打点を持っているので、相手がゲージを貯めてきている場合は油断は禁物です。約47%のダメージになるので、HPが半分を切っている場合は防ぎましょう。

 

 

●毒タイプ(毒技)

スーパーリーグで人気のAベトベトンが使ってくる毒技への耐性があるため、基本的には有利に立ち回ることができます。また、毒タイプのポケモンがよく使ってくる悪技に対しても、持ち前の耐久性能でカバーできるのが特徴です。ただし、トリデプスは技の回転率は良くないため、相手の「アシッドボム」などのデバフ技には注意が必要です。

尚、「どくどくのきば」の強化によって環境入りを果たしたニドクインは「だいちのちから」を覚えていることが多いので、喰らうと大ダメージを受けてしまいます。理想個体同士の対面の場合、シミュレーションでは、通常のニドクインには負けますが、Sニドクインには対面を取れるようです。因みに、トリデプスは毒技を三重耐性で受けられるため、1発であれば「だいちのちから」を喰らっても痛いですが、その後も割と戦えます。むしろ、ブラフの「どくどくのきば」にシールドを張らされる方が辛いので、あえて1発目は喰らってしまっても悪くないと個人的には思っています。逆にニドクイン側は「どくどくのきば」では効果が得られないため、ブラフではなく素直に「だいちのちから」を2発撃つようにしましょう。そうしないとトリデプスの2発目のゲージ技が間に合ってしまう上、最終的に「だいちのちから」を2発撃つことになってしまうことの方が多いです。

 

 

●氷タイプ(氷技)

スーパーリーグでよく出てくるAキュウコンやユキノオーなどの氷タイプに強く出ることができます。基本的に相手の技が「効果はいまひとつ」になりますし、こちらの岩技は「効果はばつぐん」になるため、圧倒的に有利です。HPの管理をしながら、起点を作り戦うのがおススメです。

 

 

●エスパータイプ(エスパー技)

相手のエスパー技を「効果はいまひとつ」にできるため有利です。エスパータイプと当たった時も起点にしながら戦えるので、HPとゲージを管理しながら戦いましょう。ただし、スリーパーは格闘技の「きあいだま」を撃ってくることがあるので、その点は注意しましょう。

 

 

●ドラゴンタイプ(ドラゴン技)

持ち前の耐久力に加えて、鋼耐性があるためドラゴン技には圧倒的に有利です。特にドラゴンタイプの中でも人気のチルタリスは、ドラゴン&飛行タイプなので、通常技の「うちおとす」だけで一方的に倒すことができます。良いカモなので逃げられないように様子を見ながら倒してしまいましょう。

 

 

●その他の得意なポケモン

タイプ相性的に得意なポケモンにはとことん有利にバトルを進められるのですが、苦手なポケモンには何もできないため、しっかりと得意不得意を見極めておく必要があります。ですが「等倍」のポケモンなど、苦手なポケモン以外ならば、持ち前の耐久性能で勝ちきることが可能です。ただし、その耐久力を逆手に起点にされやすく、また、交換のクールタイムを稼ぐのにも利用されやすいので、その点は注意しましょう。

 

 

基本的に苦手なポケモン

 

●格闘タイプ(格闘技)

人気のチャーレムやズルズキン、カイリキーなどの格闘タイプが苦手です。また、エスパータイプですが、通常技で「カウンター」を覚えているデオキシスにも、二重弱点をつかれてしまうため、一方的にやられてしまいます。

 

 

●地面イプ(地面技)

格闘技と同様に地面技も二重弱点の上、こちらの岩技の通りが悪く、なす術もなくやられてしまいます。特にゲージ技の回転率が良いナマズン・マッギョ・Gマッギョには、良いカモにされてしまうので、対峙してしまった場合は「逃げる」か「諦める」かの2択になります。一方的にガン起点にされないように立ち回りましょう。

 

 

●水タイプ(水技)

マリルリ・カメックス・ラグラージなどの水タイプが苦手です。元々のタイプ相性が良くない上に、技の回転率でも及ばないので、無理に突っ張らずに直ぐに交換してしまうか、タイミングを見計って交換受けで、相手のゲージ技を受け流すのがおすすめです。

 

 

●その他の苦手なポケモン

トリデプスは、その圧倒的な耐久性能に加え「かえんほうしゃ」を覚えるので、草タイプともそこそこ戦えますが、トリデプスは技の回転率が良くないため、フシギバナやメガニウムなど「ハードプラント」を使ってくる草ポケモンには押し負けてしまいます。とはいえ、相手を起点にできるところまで追いつめることができるので、裏が分かっている時などは突っ張っても悪くないと思います。

 

 

 

トリデプスのブレイクポイント

 

 

トリデプスのブレイクポイントを調べてみたところ、理想個体同士の場合、上記のような個体であれば、ウツボットとフシギバナに対してブレイクするので初手ならば対面を奪えるようになります。とはいえ、僅差ですしトリデプスの魅力は耐久性能にあるので、この2体に勝てるようにするよりも、SCP通りの個体を厳選した方がメリットが大きいと思います。そもそも理想個体同士ですし、この2体にブレイクした結果、他のポケモンにブレイクされてしまったら意味ないですしね。なので、個人的には理想個体「攻撃0、防御15、HP14(PL50)」がおすすめです。

 

 

トリデプスのおすすめパーティー

 

トロピウス・トリデプス・デオキシス

 

 

トリデプスが苦手な、格闘タイプ・地面タイプ・水タイプをトロピウスでシャットアウト、トロピウスが苦手な、飛行タイプ・毒タイプをトリデプスでシャットアウトします。それだけでは鋼タイプへのケアが不十分なため、万能に立ち回れるデオキシスをパーティーに入れました。耐久性能の高いポケモンで固めてあるので、弱点を突かれない限りは広く戦える構築になっています。

出し負けた場合は、デオキシスに引いて、相手の2体目からの展開を考えていきましょう、デオキシスはタイマン力が非常に高いポケモンなので、幅広く多くのポケモンと互角以上に渡り合ってくれます。そこで、何とか対面を取って戦っていきましょう。

技構成は、トロピウス(エアスラッシュ・つばめがえし・リーフブレード)・デオキシス(カウンタ―・いわなだれ・でんきショックorサイコブースト)・トリデプス(うちおとす・かえんほうしゃ・ストーンエッジ)です。

 

トリデプス・Sウツボット・トロピウス

 

 

ギミックパーティと呼ばれているパーティです。初手のトリデプスが出し負けた場合、Sウツボットに引き相手の飛行タイプを呼びます。その後、トリデプスで無双して、最後にトロピウスを通す構成です。

Sウツボットとトロピウスの「はっぱカッター」が強力なため、通常技だけで大抵のポケモンをゴリ押しできるので、相手にシールドを使わせる間もなく倒し切れることも少なくありません。

このパーティを使う際の注意点として、初手のトリデプスが相手の初手ポケモンと互角の場合、トリデプスを残しておかないと倒せないポケモンが裏にいた場合に勝ち筋がなくなります、初手で互角のポケモンと対峙した場合は、引き際を見極める必要があります。その点だけ注意すれば、非常に勝率の高い構成なのでおすすめです。

技構成は、トリデプス(うちおとす・ストーンエッジ・かえんほうしゃ)、Sウツボット(はっぱカッター・アシッドボム・リーフブレード)、トロピウス(はっぱカッター・つばめがえし・リーフブレード)です。

 

●PVP初心者向け!ちょろのちょろっとメモ!
ポケGOのPVPでは、ちょいちょい組み合わせ的に相性の良いコンビが生まれます。トリデプスの場合は、トロピウスやウツボットなどの草ポケモンが最適な相棒です。もちろん、人気の組み合わせなだけに、対策をされてしまっている場合もありますが、お互いの弱点をカバーしあう構築はPVPの基本的な考え方になるので、自分なりに頼もしい構築を考え、バトルに使ってみてくださいね。

 

 

トリデプスの対戦動画(その2)

 

 

よかったらチャンネル登録よろしくお願いします♪

 

最後にもう1つ、トリデプスを使った動画をあげておきます。

バトルの際の立ち回りの参考にしてください。あと、もし良かったら、このブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録もよろしくお願いします♪

今回の記事でお伝えした内容以外にも「こんな立ち回りがあるよ」だとか「このパーティが良いよ」などがある場合は、コメント欄で教えてくださると助かります。精査して加筆して行こうと思いますので、よろしくお願いします。

 

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

ポケモンGO GOバトルリーグ研究所の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポケモンGO GOバトルリーグ研究所の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

投稿者紹介 投稿者一覧

ちょろ

ポケGOのPVPが好きなのでPVPサイト作りました!趣味はポケモンGO、スノボ、ペットは猫と亀を飼ってます(^^)

コメントを残す

*

関連記事

  • 【スーパーリーグ】ピクシーの特徴とおすすめパーティ!対人戦(PVP)での立ち回りと注意点!【ポケモンGO】

  • 【スーパーリーグ】トドゼルガのブレイクポイントとパーティ!対人戦(PVP)の立ち回りと注意点!【ポケモンGO】

  • 【スーパーリーグ】ゴーストの特徴とおすすめパーティ!対人戦(PVP)での立ち回りと注意点!【ポケモンGO】

  • 【スーパーリーグ】オーロットのブレイクポイントとパーティ!対人戦(PVP)の立ち回りと注意点!【ポケモンGO】

  • 【マスターリーグ】ザシアンのブレイクポイントとパーティ!対人戦(PVP)の立ち回りと注意点!【ポケモンGO】

  • 【ハイパーリーグ】ピジョットのブレイクポイントとパーティ!対人戦(PVP)の立ち回りと注意点!【ポケモンGO】