1. TOP
  2. ポケモン図鑑
  3. 【ハイパーリーグ】アローラキュウコンの特徴とおすすめパーティ!対人戦(PVP)での立ち回りと注意点!【ポケモンGO】
Sponsored Link

【ハイパーリーグ】アローラキュウコンの特徴とおすすめパーティ!対人戦(PVP)での立ち回りと注意点!【ポケモンGO】

アローラキュウコン(Ninetales)
タイプ氷&フェアリータイプ
SCP2608
CP2498
攻撃147.93
防御175.82
HP162
理想個体値5-15-15(Lv.51)

 

 

Sponsored Link

Aキュウコン(アローラキュウコン)の対戦動画(その1)

 

よかったらチャンネル登録よろしくお願いします♪

 

ハイパーリーグでの長所と短所

長所

長所は「バランスの取れたステータス」です。攻撃・防御・HPの3つのステータスの中では、攻撃力が若干低いものの、回転が速くタイプ一致で撃てる「ウェザーボール」が優秀なため、「等倍」以上の殴り合いでは気になりません。むしろ、耐久力が高い割に意外と火力があると感じられるほど強いです。

また、技構成も非常に恵まれており、通常技で「あまえる」と「こなゆき」を覚えることができ、回転の速いゲージ技の「ウェザーボール」との相性も良いため、アタッカーとしても十分戦えます。特にハイパーリーグ・プレミアカップの環境では、格闘タイプやドラゴンタイプや草タイプが一定数いるため、通常技に「あまえる」を採用すれば、格闘タイプやドラゴンタイプに、「こなゆき」を採用すれば、草タイプやドラゴンタイプに強く出ることができます。

更に、本来なら弱点を突かれてしまう炎タイプのリザードンやファイアローに対しても、タイミングによっては強く出ることができ、地面&鋼タイプのガラルマッギョにも、若干ですが抗うことが可能です。回転が速く、ステータスもバランスが取れているポケモンなので、初手でも引き先でも活躍が期待できる点も長所ですね。

短所

氷&フェアリーという面白いタイプなので、刺さる相手にはめちゃくちゃ刺さるのですが、逆に刺さらない相手には刺さりづらいという特徴があります。具体例をあげると、鋼&水タイプのエンペルト、鋼&草タイプのナットレイ、炎タイプのバクフーンなどには苦手で、ロックされると非常につらいバトルを強いられてしまいます。また、水タイプのニョロトノ、氷&水タイプのラプラスなどにも、メインウェポンの「ウェザーボール」を無効化されてしまうため、分が悪いです。

回転力が優れていて、攻守のバランスの良いAキュウコン(アローラキュウコン)ですが、苦手なタイプ相性のポケモンや同じように回転の速いポケモンはあまり得意ではない印象があります。

主な立ち回り

通常ハイパーリーグでの活躍もできますが、ハイパーリーグ・プレミアカップの方が環境的にはとおりが良いです。氷技・フェアリー技共に刺さる相手が多いので、タイプ相性の有利をとって戦っていくのが基本の戦術になります。ドラゴンなど有利なタイプ相性の相手にはとことん有利なので、しっかり起点を作りながら戦っていくのがおススメです。

また、通常技に「こなゆき」を採用した場合は、ゲージ消費量の少ない「ウェザーボール」との相性が抜群に良く、回転が速いので、相手にロックされてしまった場合でも、技やシールドを駆使して逃がすこともできます。意外に耐久力があるので、最後の攻防でギリギリ「ウェザーボール」を撃てたりもするので、ワンチャン作りやすいポケモンです。

通常技に「あまえる」を採用した場合は、その火力でゴリゴリ押していきましょう。

 

●PVP初心者向け!ちょろのちょろっとメモ!
Aキュウコン(アローラキュウコン)はSCPも高く、総合的にステータスのバランスが良いため、初手でも引き先でも使うことができます。タイプ相性の有利を取って戦うのは基本ですが、不利な相手にロックされてしまった場合でも、回転の速い「ウェザーボール」を使って裏に逃がすことで、もう一度チャンスを作ることも可能です。苦手な相手以外には互角の勝負ができるポケモンなので、技を撃つタイミングや交代などを活かして、相手のテンポを崩しながら戦っていきましょう。

 

 

Aキュウコン(アローラキュウコン)の覚える技と性能

技1(通常技)

技名
タイプ
威力
DPT
時間
ターン
増量
EPT
備考
こなゆき
6
3
1秒
2ターン
8
4
だましうち
6
3
1秒
2ターン
6
3
あまえる
フェアリー
19.2
6.4
1.5秒
3ターン
6
2

※DPT 「1ターン毎に相手に与えることができるダメージ量」高いほど多くのダメージを与える
※EPT 「1ターン毎に貯められるゲージの増加量」ゲージ増加量の効率の良さを表している

●こなゆき(氷:タイプ一致)

威力はそこそこ、チャージ効率がかなり良いのでおススメです。消費ゲージの少ないゲージ技「ウェザーボール」との相性も良いため、採用している人も多いです。ハイパーリーグプレミアカップの環境に多い、ドラゴンタイプや草タイプの弱点を突けるのも良いですね。

●効果ばつぐん  草・地面・飛行・ドラゴン
●効果いまひとつ 炎・水・氷・鋼

●だましうち(悪)

タイプ不一致の上、他に優秀な技が多いので、あまりおススメできません。Aキュウコン(アローラキュウコン)を悪技を撃つポケモンとして採用するのであれば、他の悪タイプのポケモンを使用した方が良いので、採用している人は少ないと思います。

●効果ばつぐん  エスパー・ゴースト
●効果いまひとつ 格闘・悪・フェアリー

●あまえる(フェアリー:タイプ一致)

ご存知の通り、現在実装されている通常技の中では一番火力のある技です。シンプルにゴリゴリ押していく技なので、タイプ相性の有利を取って使っていくのが基本ですね。もちろん強力な技ですし、Aキュウコン(アローラキュウコン)をフェアリーポケモンとして採用するのであればおススメです。

●効果ばつぐん  格闘・ドラコン・悪
●効果いまひとつ 炎・毒・鋼

 

技2(ゲージ技)

技名
タイプ
威力
DPE
消費備考
れいとうビーム
108
1.96
55
ふぶき
168
2.24
75
マジカルシャイン
フェアリー
132
1.89
70
サイコショック
エスパー
70
1.56
45
ウェザーボール
72
2.06
35

※DPE 「威力÷ゲージ消費で算出されたゲージ1あたりの威力地」技2の威力の効率の良さを表す。

●れいとうビーム(氷:タイプ一致)

氷技としては優秀な技ですが、もうひとつのゲージ技「ウェザーボール」の方が、回転率、ダメージ効率共に優れているので、採用している人は少ないです。

●効果ばつぐん  草・地面・飛行・ドラゴン
●効果いまひとつ 炎・水・氷・鋼

●ふぶき(氷:タイプ一致)

氷技最強の技ですが、消費ゲージ量が多いので採用している人は少ないです。威力はありますが、この技で一撃で倒せるポケモンは少ないですし、シールドで防がれてしまう可能性が高いので、小刻みに撃てる「ウェザーボール」の方が良いと思います。

●効果ばつぐん  草・地面・飛行・ドラゴン
●効果いまひとつ 炎・水・氷・鋼

●マジカルシャイン(フェアリー:タイプ一致)

タイプ一致で撃てる強力な技です。氷技は通じない相手に撃つサブウェポンとしておススメです。特に環境に多いブラッキーやタチフサグマなどの悪ポケモンには、効果的なので覚えさせておきたい技のひとつですね。

●効果ばつぐん  格闘・ドラコン・悪
●効果いまひとつ 炎・毒・鋼

●サイコショック(エスパー)

タイプ不一致ですが。氷技は通じない相手に撃つサブウェポンとして使えます。Aキュウコン(アローラキュウコン)が覚えるゲージ技の中では威力が一番低いのですが、消費ゲージが45と少なく、小刻みに撃てるので採用している人も少なくないです。また苦手な毒ポケモンや対面を取られてしまう格闘ポケモンに打点が持てるという点も悪くないですね。

●効果ばつぐん  格闘・毒
●効果いまひとつ エスパー・悪(二重耐性)・鋼

●ウェザーボール(氷:タイプ一致)

Aキュウコン(アローラキュウコン)のメインウェポンです。99%の人が採用している人なので、必ず撃ってくると思っていいでしょう。威力自体はそこそこの技ですが、消費ゲージが35と少なく、連発で撃つことができます。チャージ効率の良い通常技「こなゆき」との相性も抜群なので、ぜひ覚えさせておきましょう。

●効果ばつぐん  草・地面・飛行・ドラゴン
●効果いまひとつ 炎・水・氷・鋼

 

●PVP初心者向け!ちょろのちょろっとメモ!
フェアリータイプのポケモンを採用する際にネックになるのが、ゲージ技を撃つ機会が少ないという点です。実際、あまえる族は「平均的に消費ゲージが50以上のゲージ技」を覚えるポケモンが多いため、なかなかゲージが貯まりません。ですが、Aキュウコン(アローラキュウコン)は「あまえる」を採用しても、消費ゲージ35の「ウェザーボール」を撃つことができるため、比較的早くゲージ技を撃つことができます。ただでさえ「あまえる」でゴリゴリ削られるのに、たった6発の「あまえる」でゲージ技を来るという点は、相手にとっても脅威ですね。

 

 

ダメージ倍率とタイプ相性

倍率 タイプ
×2.56
×1.6 炎 毒 
×0.63 氷 虫 
×0.39 ドラゴン
×0.24  

 

Aキュウコン(アローラキュウコン)の最大の長所は、その回転力です。タイプ一致のゲージ技「ウェザーボール」をガンガン撃って、相手にシールドの択を迫りつつ戦うことができます。タイプ相性で有利な時はもちろんですが、不利な場合でも、回転力を駆使して上手く立ち回ることで、ひっくり返すことも可能です。

 

基本的に得意なポケモン

●ドラゴンタイプ(ドラゴン技)

こちらの氷技・フェアリー技のとおりが良く、相手のドラゴン技が効かないので圧倒することができます。カイリューやキングドラとの対面を作ることができたら、基本的にはシールドをほとんど使わずに戦うことが可能なので有利です。ですが、キングドラの「オクタンほう」は「等倍」で入りますし、50%の確率で攻撃が2段階落ちてしまうので、攻撃力を落とされてしまった場合は、注意しながら戦ってください。

 

●草タイプ

フシギバナ・ユキノオー・ロズレイドなどの草ポケモンには、弱点を突くことができるため、基本的には強く出ることができます。ただし、フシギバナは「ヘドロばくだん」、ロズレイドは「ウェザーボール」でこちらの弱点を突くことができるので注意が必要です。

また、草ポケモンでも、草&鋼タイプのナットレイは、こちらの「ウェザーボール」を「等倍」で受けることができる上、鋼技の「ミラーショット」で、こちらの弱点を突くことができるため負けてしまいます。ただし、場に出たタイミングや相手のナットレイが「ミラーショット」ではなく「ラスターカノン」を採用していた場合は、ワンチャン作れます。

尚、「あまえる」を採用した場合は負けてしまいますので、覚えておきましょう。

※あまえる採用だと毒&草ポケモンには勝てません

 

●電気タイプ

デンチュラやデンリュウなどの電気ポケモンとは、お互いに「等倍」の殴り合いですが、回転の差で勝ち切れることが多いです。ただし、お互いに総力戦になりますので、相手の裏のポケモン次第では残ったHPを起点にされ、逆転されてしまいますので要注意です。

因みに「あまえる」を採用した場合の方が有利に戦うことができます。その辺は「あまえる」ゴリ押しの力ですね。

 

●ゴーストタイプ

タイプ相性で有利という訳ではないですが、ゲンガーなどのゴーストポケモンは耐久力が低いので、回転の差で勝ち切ることができます。ただし、耐久力が高く、氷技の「ウェザーボール」が効きかないブルンゲルには勝てません。

逆に「あまえる」を採用した場合は、毒&ゴースト複合のゲンガーには負けてしまいます。ですが、ブルンゲルには勝てるようになるので、採用した技による使い分けが必要ですね。

※あまえる採用だと毒&ゴーストポケモンには勝てません

 

●悪タイプ(悪技)

悪技がメインのブラッキーには有利です。タイプ相性の差で押し勝てます。特に「あまえる」を使えば圧倒できるので、基本的には有利な対面と言って良いでしょう。ただし、通常技に「こなゆき」を採用した場合は、悪&ノーマルタイプのタチフサグマには押し負けてしまいますので要注意です。

 

●その他の得意なポケモン

通常技に「こなゆき」を採用した場合、回転力を活かしてm耐久力お化けのカビゴンに勝つことができます。ただし「あまえる」を採用した場合は、多くのあまえる族と同様に押し負けてしまうので覚えておきましょう。

※あまえる採用だとカビゴンには勝てません

 

基本的に苦手なポケモン

●水タイプ

メインウェポンの「ウェザーボール」のとおりの悪い水ポケモンには分が悪いです。ニョロトノには回転率でも負けてしまいますし、ほぼ同等の回転率のラグラージにはゲージ技の火力の差と攻撃力の差で負けます。あとは、ラプラスやブルンゲルも苦手ですね(ただし「あまえる」を採用した場合、ラプラス・ブルンゲル・ニョロトノには勝ち切れます)。

 

●鋼タイプ(鋼技)

メインウェポンの「ウェザーボール」の通りが悪い鋼ポケモンには分が悪いです。特に水&鋼タイプのエンペルトには「ウェザ―ボール」だけでなくか、全ての技のとおりが悪いのでカモにされてしまいます。

また、鋼&地面タイプのGマッギョ(ガラルマッギョ)にも不利ですが、先に場に出ていてゲージを貯めた状態であれば「等倍」の「ウェザーボール」で抗うことも可能です。ですが、基本的には不利なのでシールドを駆使しながら騙し騙し戦っていきましょう。

 

●格闘タイプ

通常技に「こなゆき」を採用した場合、お互い「等倍」の殴り合いになりますが、格闘技の「カウンター」が強力なため競り負けてしまします。環境に多いカイリキーやタチフサグマと正面から殴り合った場合、対面を奪われてしまうため注意しましょう。また、「カウンター」主体ではないですが「ねんりき」と「リーフブレード」で押してくるエルレイドにも対面を奪われてしまいます。

ただし、こちらの「マジカルシャイン」を当てることができれば、ほとんど一撃で相手のHPを持っていけますし、回転の良い「ウェザーボール」もそこそこのダメージが入るので、一方的にやられてしまうという訳でもありません。タイミング次第ではそこそこ戦えます。

尚、通常技に「あまえる」を採用した場合は楽勝です。

 

●毒タイプ(毒技)

タイプ相性で不利な毒ポケモンには分が悪いです。相手の「ヘドロウェーブ」にピンポイントでシールドを張ることができれば、ギリギリ何とかならなくもないですが、ブラフを見極めなければいけないので難しい戦いになります。ただし「あまえる」を採用した場合であれば、Aベトベトン(アローラベトベトン)にはギリギリ競り勝つことができます。

 

●その他の苦手なポケモン

Aキュウコン(アローラキュウコン)は炎技が弱点なので、炎ポケモンに対し基本的には分が悪いのですが、炎&飛行タイプのリザードンとファイアローには「技の回転の差」で勝つことができます。

ただし、CCTを完璧に決める必要があるのと、リザードンの「ドラゴンクロー」にシールドを張らされてしまうと負けてしまいます。相手が「ブラストバーン」まで貯めて技を撃ってきた場合、シールドを張らないという選択肢はないので辛いですね。

もちろん、炎タイプ単体のバクフーンには手も足も出ないですし、通常技に「あまえる」を採用した場合も歯が立たないので、炎ポケモンとの対面はできるだけ避けるようにしましょう。

 

 

ブルンゲルのおすすめパーティー

ブルンゲル・Aキュウコン・ガラルマッギョ

全体的に耐久力が高く、技の回転が速い3体で対面を操作しながら戦う構成です。草タイプを圧倒できるポケモンがAキュウコン(アローラキュウコン)しかいないですが、Gマッギョ(ガラルマッギョ)もある程度は戦えるので、その点で苦手な草ポケモンに対処できます。

不利な対面になってしまった場合は、基本的にはAキュウコン(アローラキュウコン)に引いて、シールドと技を撃つタイミングを上手く利用し、交代時間を稼いでサイクルを回して戦いましょう。サイクルを回しながら戦うと、相手に隙が生まれることが多々あるので、そこを逃さずモノにできればば、出し負けも捲れる構成になっています。

技構成は、ブルンゲル(あわ・バブルこうせん・シャドーボール)、Aキュウコン(こなゆき・ウェザーボール・マジカルシャイン)、ガラルマッギョ(マッドショット・いわなだれ・じしん)

 

ブルンゲル・Aキュウコン・キングドラ

先程紹介したGマッギョ(ガラルマッギョ)の枠をキングドラに変えた構成です。Gマッギョ(ガラルマッギョ)の場合どうしても格闘ポケモンに弱くなってしまいますが、その枠をキングドラにすることによって、格闘ポケモンに対して、多少戦えるようになります。また、キングドラは人気のファイアローに強く、更に「オクタンほう」のデバフ発動率は50%と高いので、デバフを引くことができれば、一気に形勢を逆転することも可能です。

出し負けは、基本的には相手のポケモンに応じて、キングドラかAキュウコン(アローラキュウコン)になりますが、相手の初手がドラゴンの場合は、Aキュウコン(アローラキュウコン)への対策をしていることが多いので、手放しでAキュウコン(アローラキュウコン)に引くと追われやすいので注意しましょう。

技構成は、ブルンゲル(あわ or たたりめ・バブルこうせん・シャドーボール)、アローラキュウコン(こなゆき・ウェザーボール・マジカルシャイン)、キングドラ(りゅうのいぶき・オクタンほう・げきりん)

 

Aキュウコン・デンチュラ・Gマッギョ

攻撃力の高い「あまえる」でゴリゴリ押しながら、対面を維持して戦う構成になります。ご存知の通り「あまえる」は攻撃性能が高い技なので「等倍」でもゴリ押しできますし、対面を維持できる可能性が比較的高いです。

裏には、明確な回答が少ないデンチュラが控えているため、相手が交代してきた場合でも戦いやすいのがポイントです。ただし、初手のファイアローやリザードン、裏のラグラージやニョロトノには辛い戦いが強いられるので、注意しましょう。基本的には、対面有利を維持して戦うタイプのパーティですね。

技構成は、Aキュウコン(あまえる・ウェザーボール・マジカルシャイン)、デンチュラ(ボルトチェンジ・とびかかる・ほうでん)、ガラルマッギョ(マッドショット・いわなだれ・じしん)

 

●PVP初心者向け!ちょろのちょろっとメモ!
Aキュウコン(アローラキュウコン)は、回転率・攻防のバランスが非常に優れているため、初手でも引き先でも活躍が期待できるポケモンです。通常技の「こなゆき」は威力はないものの、チャージ効率が非常に優れているので、ゲージ技の「ウェザーボール」との相性は抜群ですし、一方の「あまえる」は火力があるので、ゴリ押しで有利を取ることもできます。どちらを採用しても強いというのがポイント高いですね。ステータスはバランスが取れていますが、耐久寄りのポケモンではあるので、相手の攻撃を耐えられる性能も備えています。その結果、回転率の良さを活かして、最後のギリギリの攻防で、ゲージ技を撃って勝ち切れることも少なくありません。XL飴を集めるのが難しいポケモンですが、作って損はないポケモンなのでおススメです。

 

 

Aキュウコン(アローラキュウコン)の対戦動画(その2)

 

よかったらチャンネル登録よろしくお願いします♪

 

最後にもう1つ、Aキュウコン(アローラキュウコン)を使った動画をあげておきます。

バトルの際の立ち回りの参考にしてください。あと、もし良かったら、このブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録もよろしくお願いします♪

今回の記事でお伝えした内容以外にも「こんな立ち回りがあるよ」だとか「このパーティが良いよ」などがある場合は、コメント欄で教えてくださると助かります。精査して加筆して行こうと思いますので、よろしくお願いします。

 

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

ポケモンGO GOバトルリーグ研究所の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポケモンGO GOバトルリーグ研究所の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

投稿者紹介 投稿者一覧

ちょろ

ポケGOのPVPが好きなのでPVPサイト作りました!趣味はポケモンGO、スノボ、ペットは猫と亀を飼ってます(^^)

コメントを残す

*

関連記事

  • 【スーパーリーグ】トロピウスの特徴とおすすめパーティ!対人戦(PVP)での立ち回りと注意点!【ポケモンGO】

  • 【ハイパーリーグ】ホウエン地方理想個体一覧!レベル50開放で強くなる!おすすめのポケモン!【ポケモンGO】

  • 【ハイパーリーグ】ブルンゲルの特徴とおすすめパーティ!対人戦(PVP)での立ち回りと注意点!【ポケモンGO】

  • 【スーパーリーグ】ダーテングの特徴とおすすめパーティ!対人戦(PVP)での立ち回りと注意点!【ポケモンGO】

  • テスト用記事

  • 【ハイパーリーグ】ガラルマッギョの特徴とおすすめパーティ!対人戦(PVP)での立ち回りと注意点!【ポケモンGO】