1. TOP
  2. ポケモン図鑑
  3. 【スーパーリーグ】チャーレムのブレイクポイントとパーティ!対人戦(PVP)の立ち回りと注意点!【ポケモンGO】
Sponsored Link

【スーパーリーグ】チャーレムのブレイクポイントとパーティ!対人戦(PVP)の立ち回りと注意点!【ポケモンGO】

 

チャーレム(Medicham)
タイプエスパー&格闘タイプ
SCP1650
CP1496
攻撃105.35
防御140.75
HP143
理想個体値4-15-15(Lv.50.5)

 

 

Sponsored Link

チャーレムの対戦動画(その1)

 

 

よかったらチャンネル登録よろしくお願いします♪

 

 

スーパーリーグでの長所と短所

 

長所

格闘タイプのポケモンは、カイリキーやドクロッグを筆頭に火力はあるものの耐久力が低めのポケモンが多いですが、チャーレムはそこそこの火力を残しつつ耐久力にも優れた格闘タイプです。更にステータスだけではなく、エスパー&格闘タイプとタイプ的にも優れており、エスパータイプが苦手な悪技、そして格闘タイプが苦手なエスパー技を「等倍」に抑えることができます。

また、技範囲が広く、通常技の「カウンター」で火力を出しながら、格闘技が刺さらない飛行タイプには「れいとうパンチ」、苦手なゴーストタイプやフェアリータイプには「サイコキネシス」を撃つことによって一矢報いることができます。更にタイプ一致の「グロウパンチ」で揺さぶりをかけながら火力を上げることもできるため、場に出たタイミングやゲージ量・シールドの状況次第で、苦手なタイプのポケモンを返り討ちにすることも可能です。もちろん、タイプ一致の「ばくれつパンチ」も非常に強力なので、相手が予期していない状況で撃つと一撃で致命傷を与えられることもできます。とにかく技構成が優秀なので、どれを覚えさせるかによって見れる範囲を変えられるのが特徴です。

 

短所

技構成広くてが優秀なのがチャーレムの長所ですが、それが逆に短所でもあります。ポケモンGOの場合、覚えさせることができるゲージ技は2つしか選べないため、選んだ技構成によっては相手のポケモンに対して全く歯が立たないこともあり、技構成がバレてしまっていると起点にされてしまうことも少なくありません。実際、バトルをやっていても「サイコキネシスを覚えていれば勝てたのに」「れいとうパンチを撃ちたかった」と思うことも少なくありません。

また、「れいとうパンチ」や「サイコキネシス」で苦手なタイプに対しても打点があるとはいえ、「カウンター」が攻撃の主体になることには変わりがないので、まともにぶつかると勝ち目はありません。なので、苦手なタイプと勝負する場合は「先に起点を作っておく」、或は「グロウパンチを積んでおく」などの工夫が必要になるので、上手く立ち回るようにしましょう。

たまに「ミラー対決(チャーレムvsチャーレム)」になりますが、その場合は「サイコキネシス」を覚えている方が有利です。

 

主な立ち回り

悪タイプや鋼タイプにぶつけることができると圧倒的に有利に立ち回ることができ、ほぼ一方的に勝ち切ることができるため、そいつらを葬り去った後に裏のポケモンに対しても強力なゲージ技で一撃を加えることが可能です。

実際、ゲージを貯めた状態であれば、チルタリスに対しては「れいとうパンチ」、エアームドに対しては「グロウパンチ」+「カウンター」で返り討ちにできることも少なくないですし、場合によってはマリルリやヤミラミでさえ葬ることも可能です。とにかく「相性で有利を取って起点を作り、裏の対策ポケモンにも有効打を撃つこと」を意識して立ち回りましょう。最悪でもシールドアドは奪っておきたいですね。

スーパーリーグ1位の個体は「攻撃4、防御15、HP15(PL50.5)」、交換でも一応ゲットは可能ですが、友好度が高いと厳選が難しくなるので、基本的には爆湧きイベントなどでゲットするのがおすすめです。

 

●PVP初心者向け!ちょろのちょろっとメモ!
前述の通り、チャーレムはタイミングやゲージ残量次第で苦手なポケモンでさえ葬り去ることができるポケモンです。経験がものを言うことになりますが、場に先に出ている状況でイケると感じた時は、苦手なポケモン相手に戦っても問題ありません。それくらいポテンシャルがあるポケモンです。基本的には汎用性の高い「カウンター・れいとうパンチ・サイコキネシス型」がおすすめです。その型であれば悪タイプや鋼タイプで起点を作り、裏に強力な技を撃って退場していくことができます。ロマンを求めるのであれば「カウンター・グロウパンチ・れいとうパンチ or サイコキネシス型」も悪くないと思います。上手く「グロウパンチ」を積むことさえできれば、チャーレム一体で相手のパーティを崩壊させることも可能なので、スーパーチャーレムタイムを目指してみても面白いですね。

 

 

チャーレムの覚える技と特徴

 

技1(通常技)

技名
タイプ
威力
DPT
時間
ターン
増量
EPT
備考
サイコカッター
エスパー
3.6
1.8
1.0秒
2ターン
9
4.5
カウンタ―
格闘
9.6
4.8
1.0秒
2ターン
7
3.5

※DPT 「1ターン毎に相手に与えることができるダメージ量」高いほど多くのダメージを与える
※EPT 「1ターン毎に貯められるゲージの増加量」ゲージ増加量の効率の良さを表している

 

●サイコカッター(エスパー:タイプ一致)

威力は3.6と低いですが、EPTが4.5と高いので、ゲージ技を多用したい場合やエスパータイプとして立ち回りたい場合にはそれほど悪くはありません。ですが、もう一つの通常技の「カウンター」が優秀過ぎるため、採用している人はほとんどいません。

●効果ばつぐん  格闘・毒
●効果いまひとつ エスパー・悪(二重耐性)・鋼

 

●カウンタ―(格闘:タイプ一致)

通常技全体で見ても1、2を争うくらい優秀な技です。威力・ゲージ増量共に優れており、タイプ一致で撃てるため「チャーレムのメインウェポン」と言っても差し支えないです。実際「等倍」以上の相手であればゴリゴリダメージが入りますし、ゲージ技との相性も良く、環境的にも刺さる相手が多いので、基本的には「カウンター」の採用をおすすめします。

●効果ばつぐん  ノーマル・氷・岩・悪・鋼
●効果いまひとつ 毒・飛行・エスパー・虫・ゴースト(二重耐性)・フェアリー

 

技2(ゲージ技)

技名
タイプ
威力
DPE
消費備考
グロウパンチ
格闘
24
0.69
35自・攻↑
100%
れいとうパンチ
55
1.38
40
ばくれつパンチ
格闘
108
2.16
50
サイコキネシス
エスパー
108
1.97
55敵・防↓
10%

※DPE 「威力÷ゲージ消費で算出されたゲージ1あたりの威力地」技2の威力の効率の良さを表す。

 

●グロウパンチ(格闘:タイプ一致)

威力は24と低いですが、消費ゲージが35と少なく回転が速い上、100%の確率で自身の攻撃力を1段階上げることができるため、火力がありゲージ増量も優秀な「カウンター」との相性が抜群です。また、消費ゲージが少ないため、ブラフとしても使い勝手が良いです。

●効果ばつぐん  ノーマル・氷・岩・悪・鋼
●効果いまひとつ 毒・飛行・エスパー・虫・ゴースト(二重耐性)・フェアリー

 

●れいとうパンチ(氷)

タイプ不一致ではあるモノの苦手な飛行タイプに打点を持つことができます。また、毒タイプとの複合が多い草タイプや地面タイプにも打点になるので、役割破壊技として持たせている人も多いです。チャーレムに汎用性を持たせるのであれば「グロウパンチ」よりも、こちらの「れいとうパンチ」の方がおすすめです。

●効果ばつぐん  草・地面・飛行・ドラゴン
●効果いまひとつ 炎・水・氷・鋼

 

●ばくれつパンチ(格闘:タイプ一致)

他の3つのゲージ技に比べると採用率は低めです。というのもチャーレムは通常技の「カウンター」が優秀なため、格闘タイプとして使うのであれば「ばくれつパンチ」を覚えさせなくても十分に機能することが多いからです。ですが、採用率が低いため、意識外から「ばくれつパンチ」をお見舞いすると、大ダメージを与えられることも少なくありません。ワンチャン狙える技ではあるので頭の片隅に置いておいても良いとは思います。

●効果ばつぐん  ノーマル・氷・岩・悪・鋼
●効果いまひとつ 毒・飛行・エスパー・虫・ゴースト(二重耐性)・フェアリー

 

●サイコキネシス(エスパー:タイプ一致)

消費ゲージ55とゲージ消費量は並みの技ですが、威力が108もあり、苦手なタイプに対しても大きな打点になるため採用率は高いです。10%と発動確率は低いですが、相手の防御を一段階下げる追加効果もあり、更にゲージ増量の優れた「カウンター」との相性も抜群なので、ぜひ覚えさせておきたい技の1つです。

●効果ばつぐん  格闘・毒
●効果いまひとつ エスパー・悪(二重耐性)・鋼

 

ゲージ技のタイミング

技名
タイプ
サイコカッター
エスパー
カウンタ―
格闘
グロウパンチ
格闘
4-4-4-4-45-5-5-5-5
れいとうパンチ
5-4-5-4-56-6-6-5-6
ばくれつパンチ
格闘
6-6-5-6-58-7-7-7-7
サイコキネシス
エスパー
7-6-6-6-68-8-8-8-8

 

●PVP初心者向け!ちょろのちょろっとメモ!
通常技は「カウンター」がおすすめです。もうひとつの通常技「サイコカッター」は、ゲージ増量は優れているものの威力が低い上、スーパーリーグの環境においてエスパー技の通りが良い相手は少ないので、あまりおすすめはできません。「サイコカッター」でゲージ技を多く撃つことを意識するにしても、「ばくれつパンチ」や「サイコキネシス」などの大技を撃つためには、6回から7回程度はチャージする必要があるため、5回程度で技を撃つことができるポケモンが多い環境の中では、決して早い方ではありません。それらを加味して考えてみても「カウンター」でダメージを取りながら、ゲージ技を撃つ方が安定すると思います。

 

 

ダメージ倍率とタイプ相性

 

倍率 タイプ
×2.56  
×1.6  飛行 フェアリー ゴースト
×0.63  格闘 
×0.39  
×0.24

 

チャーレムが圧倒的に苦手なのは、飛行技・ゴースト技・フェアリー技の3つです。なので、これらの技を使うポケモンと当たる際には注意が必要です。交代権が残っているのであれば、まともに戦わないように注意し、どうしても戦う必要が出てきてしまった場合は、できるだけゲージを貯めた状態で対峙するようにしてください。

 

基本的に得意なポケモン

 

●悪タイプ(悪技)

通常技の「カウンター」でゴリゴリ押すことができます。悪タイプは基本的に耐久力が高いので「等倍」以下の殴り合いだと苦戦してしまうポケモンが多いのですが、相性上有利に戦えるチャーレムにとっては美味しい相手です。上手く戦えば起点にすることも可能なので、ボーナスチャンスと見て積極的にぶつけていきましょう。ただし、悪&飛行タイプのバルジーナは、飛行技の「エアスラッシュ」のを採用していることがあり、少し痛いので注意しましょう。

 

 

●鋼タイプ

厄介なガラルマッギョやトリデプスやレジスチルといった鋼ポケモンをラクに葬り去ることができます。ガラルマッギョの「じしん」はチャーレムのHPを半分近く持っていくため少々痛いですが、その間にこちらも「カウンター」だけでゴリゴリ削れるので、基本的に相手は2発目の「じしん」を撃つことはできません。きっちりと相手の技の回数を数えて冷静に対処してぶっ潰してしまいましょう。

 

 

●ノーマルタイプ

ヤルキモノなどのノーマルタイプに対し、通常技の「カウンター」が「効果ばつぐん」で入るため基本的には有利です。ですが、ノーマルタイプのポケモンはベロリンガやカビゴンやゴンベなど、ゴースト技の「したでなめる」を採用していることが多く、油断しているとやられてしまうこともあります。こちらの技構成次第では思わぬ苦戦を強いられることもあるので注意しましょう。

 

 

●氷タイプ

通常技の「カウンター」がゴリゴリ入るので、ユキノオーやラプラスといった氷ポケモンに対して有利です。ただし、氷タイプでもアローラキュウコンやユキメノコといった「カウンター」を「等倍」以下で受けることができるポケモンに対しては不利なので、複合タイプの相性も加味した上えで立ち向かうようにしましょう。

 

 

●その他の得意なポケモン

ラグラージやナマズンといった技の回転が速く、ちょっと厄介なポケモンに対して勝ち切ることができます。ただし、ラグラージの「ハイドロカノン」は強力すぎるため、こちらもシールドを全開で使う戦いになります。相手の方が先に場に出ていた場合、負けてしまうこともあるので相手のチャージ量を意識しながら戦うようにしましょう。

 

 

基本的に苦手なポケモン

 

●飛行タイプ(飛行技)

チャーレムはエスパータイプ加えて格闘タイプも入っているため飛行技に弱いです。スーパーリーグでよく見かけるチルタリスなどには基本的には歯が立ちません。また、「フェザーダンス」を覚えて環境入りを果たしたピジョットなどにも負けてしまいます。ですが、チャーレムはこれらのポケモンに対して「れいとうパンチ」で打点を持っており、場に出たタイミングによっては返り討ちにすることも可能です。更に「グローパンチ」を積んだ状態ならば、エアームド・ヨルノズク辺りは「カウンター」で殴り殺すことすら可能になります。とはいえ、正面からぶつかるとお互いに総力戦になるので、飛行タイプとのバトルは基本的に避けるようにしましょう。

 

 

●フェアリーイプ(フェアリー技)

チャーレムはエスパータイプ加えて格闘タイプも入っているためフェアリー技に弱いです。スーパーリーグでよく見かけるピクシーやエルフーンなどには歯が立ちません。ですが、フェアリータイプでもプクリンやアローラキュウコンなどには「カウンター」が「等倍」で入るため、「クロウパンチ」を積んだ状態であれば、倒せることもあります。とはいえ、相手の「あまえる」は強力なので、かなり分が悪い戦いになります。こちらもできることなら正面から対峙するのは避けて、シールドを剥がした状態やゲージが貯まった状態で向き合うようにしましょう。

 

 

●ゴーストタイプ(ゴースト技)

フェアリータイプに並ぶ天敵です。最大の武器である「カウンター」を二重耐性で受けられてしまう上、相手のゴースト技は弱点なので、ほぼ一撃で吹き飛ばされてしまいます。オーロットやフワライドなどに対しては、シールドを使い「れいとうパンチ」を連打することで若干抗うことはできますが、相手にシールドを使われた場合、なす術もなく殺されます。また、水&ゴーストタイプのブルンゲルには「れいとうパンチ」も効かないので、重めの「サイコキネシス」しか打点がありません。ただし、ブルンゲル以外のゴーストタイプは耐久力が低い傾向があるため、どうしても逃げられない時は、ブラフは撃たずに最大火力が出る技をぶち込むことをおすすめします。

 

 

●毒タイプ

アップデートで「どくどくのきば」の大幅に強化されたことによって、圧倒的に不利な対面になりました。こちらの「サイコキネシス」を当てることができればワンチャン作れますが、「どくどくのきば」の方が回転が速いので、ほぼ勝ち目はありません。スーパーリーグの環境でよく出てくるニドクインをはじめ、ゴルバットやベトベトンなど分が悪い相手が多いので、できるなら毒タイプとのバトルは避けたいところです。

 

 

●虫タイプ

虫タイプが苦手というよりは、スピアーなどの虫&毒タイプが苦手です。基本的に虫タイプのポケモンは耐久力がないことが多いのですが、こちらの「カウンター」の通りが悪く、結果的にタイプ相性で負けてしまいます。ただし、「サイコキネシス」は大ダメージを取ることができるため、当たればワンチャン作ることもできます。ですが、相手もそれを承知の上で突っ込んでくるはずなので、正直あまり当たりたくない相手と言えます。

 

 

●エスパータイプ

チャーレムはエスパー&格闘タイプですが、スリーパーやクレセリアなど純粋なエスパータイプには負けることが多いです。これもやはりタイプ相性の関係で、こちらの「カウンター」が「効果はいまひとつ」になるのに対し、相手の「ねんりき」などが「等倍」で入るのが原因です。また、スリーパーは「シャドーボール」、クレセリアは「ムーンフォース」という打点を持っているので、そちらでも分が悪い戦いと言えます。同じエスパータイプでも、デオキシスには五分以上の戦いができ勝てなくはないですが、あまり嬉しい対面ではないなので、できれば避けるようにしましょう。

 

 

 

チャーレムのブレイクポイント

 

 

チャーレムのブレイクポイントを調べてみたところ、目ぼしいブレイクはマリルリとエアームドへの「カウンター」の与ダメを1上げつつ、エアームドの「エアースラッシュ」とヤミラミの「シャドークロー」の被ダメを1下げる個体です。

巷では「チャーレムのブレイク個体は9-9-15がおすすめ」みたいに言われていますが、調べてみたところ、個人的には「理想個体の4-15-15で良いのでは?」と思っています。というのも、例えば、対エアームドを例にあげてみると、確かにブレイク個体「9-9-15」はエアームドを倒し切った時点での残HPは、理想個体「4-15-15」の残HPよりも多いです。

 

カウンターの与ダメが「4」⇒「5」にブレイクしているため、
残HPはブレイク個体(9-9-15)の方が多く残っている。

 

ですが、決着のつき方を比べてみると、理想個体「4-15-15」の方は「カウンター」を2発多く入れている分、ブレイク個体「9-9-15」に比べゲージ残量が多いのが分かります。

 

残HPはブレイク個体(9-9-15)の方が残っているが、
残ゲージは理想個体(4-15-15)の方が「14(カウンタ―2発分)」多い。

 

そこから考えると、裏のポケモン次第ですが、やられるまでにゲージ残量が多い理想個体の方が、ゲージ技を撃ちやすいと思います。実際、図の残ゲージから考えても「グロウパンチ」ならすぐに撃てるし、「れいとうパンチ」なら、あと一回「カウンター」を入れれば撃つことが可能です。

残HPを取るか、残ゲージを取るかは好みの問題だと思うけど、なんだかんだ下手に他からブレイクされない理想個体「4-15-15」で良い気がします。結局のところ相手のポケモンの個体値も分からないんだし、ブレイク個体って言われてもね。個人的には「対面が変わらないのであれば、ブレイクには拘らなくていいんじゃないかな?」と思います。

 

 

チャーレムのおすすめパーティー

 

トリデプス・チャーレム・ヤミラミ

 

 

出し負けたらヤミラミに即引きして、なんやかんやして対面を奪うか、最低でもシールドアドを奪うかして、最後はスーパーチャーレムを通していく感じです。

逆パターンのヤミラミ・チャーレム・トリデプスなんていうのもあります。その場合は、ヤミラミとチャーレムでなんやかんやして頑張って、最後に隠していたトリデプスで倒すといった感じ、或は、トリデプスを囮にして格闘などを引っ張て来て、ヤミラミとかでなんやかんやする感じです。結局なんやかんやの部分があやふやですが、でもなんやかんやとしか言えないのが、ポケゴのPVPだと思う。

技構成は、トリデプス(うちおとす・ストーンエッジ・かえんほうしゃ)、チャーレム(カウンタ―・グロウパンチ or れいとうパンチ・サイコキネシス)・ヤミラミ(シャドークロー・イカサマ・おんがえし)です。

 

チャーレム・ガラルマッギョ・マリルリ

 

 

この構築も根強い人気がある有名パーティですね。それぞれの苦手なポケモン達をお互いで補うような構築で、ポイントは「どのポケモンも個々の実力が高く、タイプ相性で不利な対面になっても、相手に対して何かしらの打点を持っていることが多い」という点です。大きな出し負けの際はサイクルを回して役割破壊技でプレッシャーをかけると良いと思います。

一般的に人気のポケモンばかりなので、永遠に追われ続けることも少なくないですが、上手くタイミングを外して頑張ってくださいw

技構成は、チャーレム(カウンタ―・グロウパンチ・サイコキネイシス)、ガラルマッギョ(マッドショット・いわなだれ・じしん)、マリルリ(あわ・れいとうビーム or じゃれつく or ハイドロポンプ)です。

 

●PVP初心者向け!ちょろのちょろっとメモ!
チャーレムは技範囲が広く、タイプやステータスも優秀なので、何と組ませても割りと活躍できる印象があります。よく出てくるポケモンで苦手なのがヤミラミやブルンゲルやオーロットなので、そこに勝てるポケモンを1匹は入れておきたいところです。パーティのエースになれるポテンシャルを持っているので、巷で流行っているポケモンの動向を掴んで技構成を決めて、チャーレムを軸にパーティを考えてみても良いかもしれません。

 

 

チャーレムの対戦動画(その2)

 

よかったらチャンネル登録よろしくお願いします♪

 

最後にもう1つ、チャーレムを使った動画をあげておきます。

バトルの際の立ち回りの参考にしてください。あと、もし良かったら、このブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録もよろしくお願いします♪

今回の記事でお伝えした内容以外にも「こんな立ち回りがあるよ」だとか「このパーティが良いよ」などがある場合は、コメント欄で教えてくださると助かります。精査して加筆して行こうと思いますので、よろしくお願いします。

 

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

ポケモンGO GOバトルリーグ研究所の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポケモンGO GOバトルリーグ研究所の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

投稿者紹介 投稿者一覧

ちょろ

ポケGOのPVPが好きなのでPVPサイト作りました!趣味はポケモンGO、スノボ、ペットは猫と亀を飼ってます(^^)

コメントを残す

*

関連記事

  • テスト用記事

  • 【スーパーリーグ】ヤミラミの特徴とおすすめパーティ!対人戦(PVP)での立ち回りと注意点!【ポケモンGO】

  • 【スーパーリーグ】マッギョのブレイクポイントとパーティ!対人戦(PVP)の立ち回りと注意点!【ポケモンGO】

  • 【スーパーリーグ】アローラキュウコンのブレイクポイントとパーティ!対人戦(PVP)の立ち回りと注意点!【ポケモンGO】

  • 【リトルカップ】最強のポケモンは誰だ?おすすめパーティーの紹介と考察【ポケモンGO】

  • 【スーパーリーグ】シンオウ地方理想個体一覧!レベル50開放で強くなる!おすすめのポケモン!【ポケモンGO】