1. TOP
  2. ポケモン図鑑
  3. 【スーパーリーグ】サマヨールのブレイクポイントとパーティ!対人戦(PVP)の立ち回りと注意点!【ポケモンGO】
Sponsored Link

【スーパーリーグ】サマヨールのブレイクポイントとパーティ!対人戦(PVP)の立ち回りと注意点!【ポケモンGO】

 

サマヨール
Dusclops
タイプゴースト
SCP1702
CP1499
攻撃101.1
防御199.75
HP110
理想個体値0-11-15(Lv.45)

 

Sponsored Link

サマヨールの対戦動画(その1)

 

よかったらチャンネル登録よろしくお願いします♪

 

 

スーパーリーグでの長所と短所

 

長所

ゴーストタイプということで弱点が突かれにくく、更に元々の防御力も高いため、耐久力があるのが最大の長所です。ポケモンGOでポケモンの総合的な強さを表す指標にSCPというものがあるのですが、その数値だけであれば1702もあり、スーパーリーグで人気のチルタリスのSCP1697よりも高く、多少の攻撃であれば耐えることができます。

技構成も威力はないものの回転が速く、環境に刺さりやすい「ほのおのパンチ」「れいとうパンチ」を撃つことができるため、弱点を付ける相手が多いのもサマヨールの特徴です。

 

短所

耐久力はありますが攻撃力が低いため、相手にダメージを与えるのが苦手です。弱点を突いていても一撃で相手を葬り去れる技を持ち合わせていないので、相手もある程度余裕を持って戦うことができてしまいます。もちろん、有利な対面であれば、最終的には勝ち切ることができますが、脅威を与えるほどではないというのが欠点です。

 

主な立ち回り

耐久力があり、タイプ相性的にも弱点を突かれづらいため、パーティの受け役としての活躍が期待できます。例えば、初手対面で相手がヤルキモノを出してきた場合、相手の「のしかかり」のタイミングでサマヨールで交代受けをするなど、耐性と耐久力を武器に戦うと有利に立ち回ることが可能です。優秀な耐性と耐久力を武器にパーティの受け役として使っていきましょう。

スーパーリーグ1位の個体は「攻撃0-防御11-HP15(PL45)」です。野生でも比較的良く見るポケモンですし、ハロウィンイベントなどでも爆湧きするポケモンなので、厳選はしやすいと思います。

 

●PVP初心者向け!ちょろのちょろっとメモ!
サマヨールは攻撃面ではあまり活躍できないですが、防御面では活躍が期待できます。使い方のコツとしては、やはり交代受けを狙って相手のゲージ技をすかしつつ、タイプ相性で「効果はいまひとつ」に押さえるような形で場に出せると強いです。ゴースト単タイプということもあり、タイプ相性では弱点を突かれづらいので、その強みを活かして戦ってください。

 

 

サマヨールの覚える技と特徴

 

技1(通常技)

技名
タイプ
威力
DPT
時間
ターン
増量
EPT
備考
たたりめ
ゴースト
7.2
2.4
1.5秒
3ターン
12
4
だましうち
6
3
1.0秒
2ターン
6
3

※DPT 「1ターン毎に相手に与えることができるダメージ量」高いほど多くのダメージを与える
※EPT 「1ターン毎に貯められるゲージの増加量」ゲージ増加量の効率の良さを表している

 

●たたりめ(ゴースト:タイプ一致)

威力は低いものの、ゲージのチャージ効率が優秀なので、小回りの効くゲージ技との相性は良いです。攻撃力の低いサマヨールはゲージ技の回数で勝負することが多くなるため、覚えさせておきましょう。

●効果ばつぐん  エスパー・ゴースト
●効果いまひとつ ノーマル(二重耐性)・悪

 

●だましうち(悪)

通常技でダメージを与えたい場合には採用しても良いと思います。ゴースト技の「たたりめ」だとノーマルポケモンへのダメージが期待できないため、ノーマルポケモンを狙いたい時にもおすすめです。

●効果ばつぐん  エスパー・ゴースト
●効果いまひとつ 格闘・悪・フェアリー

 

技2(ゲージ技)

技名
タイプ
威力
DPE
消費備考
シャドーパンチ
ゴースト
48
1.37
35
れいとうパンチ
55
1.38
40
ほのおのパンチ
55
1.38
40
おんがえし
ノーマル
130
1.86
70リトレーン技
やつあたり
ノーマル
10
0.14
70レガシー技

※DPE 「威力÷ゲージ消費で算出されたゲージ1あたりの威力地」技2の威力の効率の良さを表す。

 

●シャドーパンチ(ゴースト:タイプ一致)

威力はないものの回転が速いためブラフとして使えます。また「等倍」以下の相手であれば効果的な武器になるので、覚えさせておきましょう。

●効果ばつぐん  エスパー・ゴースト
●効果いまひとつ ノーマル(二重耐性)・悪

 

●れいとうパンチ(氷)

回転力は速いですが、威力はあまりありません。ですが、弱点を突ける相手であれば効果的な武器になるので、氷技が苦手なポケモンをターゲットにしたい場合は採用しましょう。

●効果ばつぐん  草・地面・飛行・ドラゴン
●効果いまひとつ 炎・水・氷・鋼

 

●ほのおのパンチ(炎)

回転力は速いですが、威力はあまりありません。ですが、弱点を突ける相手であれば効果的な武器になるので、炎技が苦手なポケモンをターゲットにしたい場合は採用しましょう。

●効果ばつぐん  草・氷・虫・鋼
●効果いまひとつ 炎・水・岩・ドラゴン

 

●おんがえし(ノーマル)

サマヨールが使える技の中では一番ダメージ効率は良いです。攻撃面で難のあるサマヨールが相手に大ダメージを与えられる唯一の技なので、サマヨールを攻撃にも参加させたい場合は覚えさせておきましょう。

●効果ばつぐん  なし
●効果いまひとつ 岩・ゴースト(二重耐性)・鋼

 

●やつあたり(ノーマル)

論外です。

●効果ばつぐん  なし
●効果いまひとつ 岩・ゴースト(二重耐性)・鋼

 

ゲージ技のタイミング

技名たたりめだましうち
シャドーパンチ3-3-3-3-36-6-6-6-6
れいとうパンチ4-4-4-3-48-7-8-7-8
ほのおのパンチ4-4-4-3-48-7-8-7-8
おんがえし6-6-6-6-612-12-11-12-12
やつあたり6-6-6-6-612-12-11-12-12

 

●PVP初心者向け!ちょろのちょろっとメモ!
サマヨールは元々の攻撃力が低く、大技も持ち合わせていないため手数で勝負することになります。基本的にはタイプ一致で一番回転の速い「シャドウパンチ」を採用し、あとはターゲットに合わせて「ほのおのパンチ」か「れいとうパンチ」を採用するのが基本的な構成になります。ブラフを織り交ぜながら上手に使い分けて戦っていきましょう。

 

 

ダメージ倍率とタイプ相性

倍率 タイプ
×2.56  
×1.6 ゴースト 
×0.63 毒 
×0.39 ノーマル 格闘
×0.24

 

サマヨールは優れた耐性と耐久力が武器なので、もう一枚のシールド役として重宝します。攻撃面での活躍は難しいですが、回転面は最速クラスなので、とにかく手数で攻め、相手のHPを削り、裏のポケモンの起点にできるようにサポート役として使うのが良いと思います。通常のスーパーリーグでの活躍は難しいですが、進化カップなどの制限リーグでの活躍は期待できるので、刺さりそうなリーグがあったら、ぜひ使ってみてくださいね。

 

基本的に有利な対面

一方的に弱点を突けるため、チャーレム・デオキシス・スリーパーなどのエスパーポケモンに有利です。また、回転と耐久力が他のゴーストポケモンよりも優れているため、オーロット・アローラガラガラ・ユキメノコなどにも勝つことができます。ただし、シールドは必須の対面になるので、ゴーストポケモンとのバトルには注意が必要です。

その他の細かい対面だと、ゲージ技に「れいとうパンチ」を採用すれば、チルタリス・ハクリュー・カイリューなどのドラゴンポケモンから対面が奪えます。更にニドクインにも勝つことができます。

 

 

基本的に不利な対面

タイプ相性で不利なバルジーナ・ブラッキー・タチフサグマ・ドラピオン・ヤミラミなどの悪ポケモン、弱点のゴースト技「したでなめる」で攻めてくるベロリンガ・カビゴンなどのノーマルポケモンは苦手です。また、回転で上を取られてしまうためホルードにも勝てません。

その他の細かい対面だと、御三家専用技の「ハイドロカノン」や「ハードプラント」などを覚えられるポケモンには、技の性能差で押されてしまいますし、ファイアロー・ウツボットなど強力な通常技で押してくるポケモンも苦手です。

 

 

注意が必要な対面

チルタリス・ハクリューなどのドラゴンポケモンとの対面は、サマヨールに「れいとうパンチ」を覚えさせておけば勝つことができます。ただし、差込みを多く入れられてしまった場合、チルタリスの技が間に合ってしまう可能性があるので注意が必要です。

 

 

 

サマヨールのブレイクポイント

 

 

サマヨールのブレイクポイントでめぼしいのは、上記のような個体ですね。上記のような個体であれば、ペリッパーから対面を奪えるようになります。

 

 

また、エアームドとの対面でもHPを多く残して勝つことができるため有利です。

 

 

とはいえ、これらのポケモンにブレイクした分、デメリットもあるかもしれないので、他の人気のポケモンとの対面を調べてから採用した方が良いと思います。この他に何か大きく対面をひっくり返したり、複数のポケモンに圧倒的に有利になるブレイク個体をご存知の方がいたら、コメントなどで教えてくださると助かります。

 

 

サマヨールのおすすめパーティー

 

シャドウハクリュー・ヤルキモノ・サマヨール(進化カップ)

 

 

初手にゴリ押し超火力のシャドウハクリューを置き、裏に受け役のサマヨールとなんやかんやしてくれるヤルキモノを置いた構成です。シャドウハクリューは攻撃面では問題ないですが、耐久性能は低いので、相手のゲージ技をサマヨールの交代受けですかして、再登場させてヤルキモノと2匹に相手のポケモンをゴリゴリ削っていく感じです。

進化カップでは「のしかかり」や「どくどくのキバ」など、サマヨールで軽減できる技が多いので、しっかりとタイミングをみて受けていくようにすると勝ちやすいです。技の回数などを意識して立ち回りましょう。

技構成は、シャドウハクリュー(りゅうのいぶき・のしかかり・アクアテール)、ヤルキモノ(カウンター・のしかかり・じならし)、サマヨール(たたりめ・シャドウパンチ・れいとうパンチ)です。

 

●PVP初心者向け!ちょろのちょろっとメモ!
サマヨールは攻撃力がないため、相手の弱点を突ける技を覚えていても、相手にプレッシャーをかけることがほとんどできません。なので、シールドを張られないことが多く、ある程度追い詰めないと相手がシールドを使ってこないため、前のポケモンで削りを入れて、非力なサマヨールの攻撃でもシールドを使わないときつい状況に追い込むことができると大きいです。回転が速く小回りが利き、消費ゲージの少ないサマヨールのゲージ技で相手のシールドを消費させることができれば、その分、他のポケモンの技を当てやすくなるので、上手ずに工夫をしながら立ち回ってください♪

 

 

サマヨールの対戦動画(その2)

 

よかったらチャンネル登録よろしくお願いします♪

 

最後にもうひとつ、サマヨールを使った動画をあげておきます。

バトルの際の立ち回りの参考にしてください。あと、もし良かったら、このブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録もよろしくお願いします♪

今回の記事でお伝えした内容以外にも「こんな立ち回りがあるよ」だとか「このパーティが良いよ」などがある場合は、コメント欄で教えてくださると助かります。精査して加筆して行こうと思いますので、よろしくお願いします。

 

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

ポケモンGO GOバトルリーグ研究所の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポケモンGO GOバトルリーグ研究所の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

投稿者紹介 投稿者一覧

ちょろ

ポケGOのPVPが好きなのでPVPサイト作りました!趣味はポケモンGO、スノボ、ペットは猫と亀を飼ってます(^^)

コメントを残す

*

関連記事

  • 【ハイパーリーグ】アローラキュウコンのブレイクポイントとパーティ!対人戦(PVP)の立ち回りと注意点!【ポケモンGO】

  • 【スーパーリーグ】ドククラゲのブレイクポイントとパーティ!対人戦(PVP)の立ち回りと注意点!【ポケモンGO】

  • 【スーパーリーグ】シャドウウツボットのブレイクポイントとパーティ!対人戦(PVP)の立ち回りと注意点!【ポケモンGO】

  • 【スーパーリーグ】ユキノオーのブレイクポイントとパーティ!対人戦(PVP)の立ち回りと注意点!【ポケモンGO】

  • 【スーパーリーグ】ヤミラミののブレイクポイントとパーティ!対人戦(PVP)の立ち回りと注意点!【ポケモンGO】

  • 【スーパーリーグ】ダーテングの特徴とおすすめパーティ!対人戦(PVP)での立ち回りと注意点!【ポケモンGO】