1. TOP
  2. ポケモン図鑑
  3. 【スーパーリーグ】アローラキュウコンのブレイクポイントとパーティ!対人戦(PVP)の立ち回りと注意点!【ポケモンGO】
Sponsored Link

【スーパーリーグ】アローラキュウコンのブレイクポイントとパーティ!対人戦(PVP)の立ち回りと注意点!【ポケモンGO】

 2021/12/22 ポケモン図鑑 こおりタイプ フェアリータイプ スーパーリーグ
この記事は約 15 分で読めます。

アローラキュウコン(Ninetales)
タイプ氷&フェアリータイプ
SCP1575
CP1500
攻撃113.55
防御138.26
HP126
理想個体値0-14-12(Lv.25)

 

Sponsored Link

アローラキュウコンの対戦動画(その1)

 

 

よかったらチャンネル登録よろしくお願いします♪

 

 

スーパーリーグでの長所と短所

 

長所

長所は「バランスの取れたステータス」です。攻撃・防御・HPの3つのステータスの中では、攻撃力が若干低いものの、回転が速くタイプ一致で撃てる「ウェザーボール」が優秀なため「等倍」以上の殴り合いでは気になりません。むしろ、耐久力が高い割に意外と火力があると感じられるほど強いです。

また、技構成も非常に恵まれており、通常技で「あまえる」と「こなゆき」を覚えることができ、回転の速いゲージ技の「ウェザーボール」との相性も良いため、アタッカーとしても十分戦えます。通常技に「あまえる」を採用すれば、格闘タイプ・悪タイプ・ドラゴンタイプに圧倒的に有利ですし、通常技に「こなゆき」を採用すれば、草タイプ・地面タイプ・飛行タイプ・ドラゴンタイプに強く出ることができるようになります。

スーパーリーグはハイパーリーグと違い、全ポケモンの耐久力が低いため、圧倒的な回転力を武器に戦うことができるというのも長所と言えます。

 

短所

氷&フェアリーという面白いタイプなので、刺さる相手にはめちゃくちゃ刺さるのですが、逆に刺さらない相手には刺さりづらいという特徴があります。具体例をあげると、地面&鋼タイプのGマッギョ(ガラルマッギョ)、鋼タイプのレジスチル、などには歯が立ちません。また、毒タイプのニドクイン、そしてハイパーリーグでは勝てたファイアローやリザードンといった炎タイプにも勝てません。

スーパーリーグでAキュウコン(アローラキュウコン)を使う際には、ハイパーリーグに比べて耐久力が落ちていることを視野に入れながら戦う必要があります。回転が速いとはいえ、弱点を突かれている相手には純粋に負けてしまうことが増えるので、その点は注意しましょう。

 

主な立ち回り

通常スーパーリーグでの活躍もできますが、ホリデーカップなどの特殊リーグでも強いです。豊富な技範囲と回転力、そして超高火力の「あまえる」を武器に、どの技構成にしても活躍が期待できるので、作って損はないと思います。

主な立ち回りとしては、通常技に「こなゆき」を採用した場合は、回転力を活かした「ウェザーボール」をチラつかせ揺さぶりながら、状況に応じて高火力の「マジカルシャイン」を撃って大ダメージを負わせていく立ち回りになります。また「マジカルシャイン」を当てなくても、「ウェザーボール」で十分ダメージが期待できる相手には、どんどん「ウェザーボール」をぶち当てて、小刻みに削るのも効果的です。

通常技に「あまえる」を採用した場合も、他のあまえる族に比べると比較的早くゲージ技を撃つことができるので、「あまえる」の火力と合わせてゴリゴリ押していきましょう。

 

●PVP初心者向け!ちょろのちょろっとメモ!
Aキュウコン(アローラキュウコン)はSCPはほどほどの割に、技構成が優秀でタイプ一致で撃てるため、ステータス以上に相手にダメージを与えることが可能です。そういった意味でも非常に強いポケモンですが、レジスチルやトリデプスのような技の通りが悪いポケモンには、全く歯が立たないのでロックされないように注意が必要になります。なので、Aキュウコンを採用する際には必ず鋼対策を用意しましょう。とはいえ、苦手なタイプ以外のポケモンには五分以上に渡り合えるポケモンなので、パーティの主力として真っ先に選択肢に加えても良いポケモンだと思います。

 

 

Aキュウコン(アローラキュウコン)の覚える技と性能

 

技1(通常技)

技名
タイプ
威力
DPT
時間
ターン
増量
EPT
備考
こなゆき
6
3
1秒
2ターン
8
4
だましうち
6
3
1秒
2ターン
6
3
あまえる
フェアリー
19.2
6.4
1.5秒
3ターン
6
2

※DPT 「1ターン毎に相手に与えることができるダメージ量」高いほど多くのダメージを与える
※EPT 「1ターン毎に貯められるゲージの増加量」ゲージ増加量の効率の良さを表している

 

●こなゆき(氷:タイプ一致)

威力はそこそこですが、チャージ効率がかなり良いのでおすすめです。消費ゲージの少ないゲージ技「ウェザーボール」との相性も抜群に良いため、採用している人も多いです。スーパーリーグの環境に多い、チルタリスやフシギバナなどの弱点を突けるのも良いですね。

●効果ばつぐん  草・地面・飛行・ドラゴン
●効果いまひとつ 炎・水・氷・鋼

 

●だましうち(悪)

タイプ不一致の上、他に優秀な技が多いので、あまりおすすめできません。Aキュウコン(アローラキュウコン)を悪技を撃つポケモンとして採用するのであれば、他の悪タイプのポケモンを使用した方が良いので、採用している人は少ないと思います。

●効果ばつぐん  エスパー・ゴースト
●効果いまひとつ 格闘・悪・フェアリー

 

●あまえる(フェアリー:タイプ一致)

ご存知の通り、現在実装されている通常技の中では一番火力のある技です。シンプルにゴリゴリ押していく技なので、タイプ相性の有利を取って使っていくのが基本ですね。もちろん強力な技ですし、Aキュウコン(アローラキュウコン)をフェアリーポケモンとして採用するのであればおすすめです。

●効果ばつぐん  格闘・ドラコン・悪
●効果いまひとつ 炎・毒・鋼

 

技2(ゲージ技)

技名
タイプ
威力
DPE
消費備考
れいとうビーム
108
1.96
55
ふぶき
168
2.25
75
マジカルシャイン
フェアリー
132
1.89
70
サイコショック
エスパー
70
1.56
45
ウェザーボール
66
1.89
35

※DPE 「威力÷ゲージ消費で算出されたゲージ1あたりの威力地」技2の威力の効率の良さを表す。

 

●れいとうビーム(氷:タイプ一致)

氷技としては優秀な技ですが、もうひとつのゲージ技「ウェザーボール」の方が、回転率が優れているため、採用している人は少ないです。

●効果ばつぐん  草・地面・飛行・ドラゴン
●効果いまひとつ 炎・水・氷・鋼

 

●ふぶき(氷:タイプ一致)

氷技最強の技ですが、消費ゲージ量が多いので採用している人は少ないです。威力はありますが、この技で一撃で倒せるポケモンは少ないですし、シールドで防がれてしまう可能性が高いので、小刻みに撃てる「ウェザーボール」の方が良いと思います。

●効果ばつぐん  草・地面・飛行・ドラゴン
●効果いまひとつ 炎・水・氷・鋼

 

●マジカルシャイン(フェアリー:タイプ一致)

タイプ一致で撃てる強力な技です。氷技は通じない相手に撃つサブウェポンとしておすすめです。特に環境に多いブラッキーやタチフサグマなどの悪ポケモンには、効果的なので覚えさせておきたい技のひとつですね。

●効果ばつぐん  格闘・ドラコン・悪
●効果いまひとつ 炎・毒・鋼

 

●サイコショック(エスパー)

タイプ不一致ですが。氷技は通じない相手に撃つサブウェポンとして使えます。Aキュウコン(アローラキュウコン)が覚えるゲージ技の中では威力が一番低いのですが、消費ゲージが45と「ウェザーボール」に次いで少なく、小刻みに撃てるので採用している人も少なくないです。また苦手な毒ポケモンや対面を取られてしまう格闘ポケモンに打点が持てるという点も悪くはないと思います。

●効果ばつぐん  格闘・毒
●効果いまひとつ エスパー・悪(二重耐性)・鋼

 

●ウェザーボール(氷:タイプ一致)

Aキュウコン(アローラキュウコン)のメインウェポンです。99%の人が採用している人なので、必ず撃ってくると思っていいでしょう。威力自体はそこそこの技ですが、消費ゲージが35と少なく、連発で撃つことができます。チャージ効率の良い通常技「こなゆき」との相性も抜群なので、必ず覚えさせておきましょう。

●効果ばつぐん  草・地面・飛行・ドラゴン
●効果いまひとつ 炎・水・氷・鋼

 

ゲージ技のタイミング

技名
タイプ
こなゆき
だましうち
あまえる
フェアリー
れいとうビーム
7-7-7-7-710-9-9-9-910-9-9-9-9
ふぶき
10-9-10-9-913-12-13-12-1313-12-13-12-13
マジカルシャイン
フェアリー
9-9-9-8-912-12-11-12-1212-12-11-12-12
サイコショック
エスパー
6-6-5-6-68-7-8-7-88-7-8-7-8
ウェザーボール
5-4-5-4-46-6-6-6-66-6-6-6-6

 

●PVP初心者向け!ちょろのちょろっとメモ!
スーパーリーグはハイパーリーグと異なり、全ポケモンの耐久力が低くなっているため、相手にへのダメージ効率が上がる傾向があります。その結果「ウェザーボール」のような威力が低めの技でも、相手へのダメージの割合が高くなりやすく、非常に強力な技に化けています。そういった意味でも回転力が魅力のAキュウコン(アローラキュウコン)には追い風の環境と言えます。ただし、こちらの攻撃が入りやすくなっているということは、相手の攻撃も入りやすくなっているということなので、ハイパーリーグの時と同じ感覚で技を受けてしまうと、思った以上に大ダメージを受けてしまうことが多いので注意しましょう。

 

 

ダメージ倍率とタイプ相性

 

倍率 タイプ
×2.56
×1.6 炎 毒 
×0.63 氷 虫 
×0.39 ドラゴン
×0.24  

 

Aキュウコン(アローラキュウコン)が、特に苦手なタイプは鋼タイプです。このタイプのポケモンにはほとんど手が出ません。その他に炎・毒・岩も苦手なタイプです。ハイパーリーグの時は、ファイアローやリザードンなどの炎&飛行タイプには勝つことができましたが、スーパーリーグでは耐久力が下がった結果、負ける対面になってしまったので注意しましょう。

 

基本的に得意なポケモン

 

●ドラゴンタイプ(ドラゴン技)

こちらの氷技・フェアリー技のとおりが良く、相手のドラゴン技が効かないので圧倒することができます。スーパーリーグでお馴染みのチルタリスは一方的に葬ることが可能なのでカモです。相手をロックできた場合は、起点を作りながら突破していきましょう。

 

「こなゆき」採用の場合

 

「あまえる」採用の場合

 

●草タイプ

通常技に「こなゆき」を採用した場合、フシギバナ・ロズレイド・オーロットなどの草ポケモンには、弱点を突くことができるため、基本的には強く出ることができます。「あまえる」を採用した場合は、草&毒タイプのフシギバナ・ロズレイドなどには勝てません。また、Sウツボットにはどちらの技を採用しても負けてしまうので、バトルは避けるようにしましょう。

 

「こなゆき」採用の場合

 

「あまえる」採用の場合

 

●電気タイプ

回転で優っているため、電気タイプのデンチュラやマッギョなどには強気に出ることができます。通所技に「こなゆき」「あまえる」どちらを採用しても押し勝つことが可能なので、そのまま突っ張って良いと思います。

 

「こなゆき」採用の場合

 

「あまえる」採用の場合

 

●悪タイプ(悪技)

悪技がメインのブラッキーやバルジーナには圧倒的に有利です。タイプ相性の差で押し勝てます。特に「あまえる」を使えば圧倒できるので、基本的には有利な対面と言って良いでしょう。ただし、通常技に「こなゆき」を採用した場合、タチフサグマとはほぼ互角の戦になりますし、ズルズキンには負けてしまうので、警戒しておいた方が良いです。

 

「こなゆき」採用の場合

 

「あまえる」採用の場合

 

●その他の得意なポケモン

圧倒的な回転力を武器にゴースト系のポケモンには有利に戦えます。スーパーリーグで人気のヤミラミ、オーロット、フワライド、デスカーンなどには、通常技にどちらの技を採用しても勝てるので有利ですが、水&ゴーストタイプのブルンゲルには「あまえる」でしか勝てないので注意が必要です。

 

「こなゆき」採用の場合

 

「あまえる」採用の場合

 

 

基本的に苦手なポケモン

 

●水タイプ

メインウェポンの「ウェザーボール」のとおりの悪い水ポケモンには分が悪いです。ただし、通常技に「あまえる」を採用した場合、水タイプ相手にも対面を奪えるようになります。

 

「こなゆき」採用の場合

 

「あまえる」採用の場合

 

●鋼タイプ(鋼技)

通常技の「だましうち」以外、全ての技を「効果はいまひとつ」で受けられてしまうため圧倒的に不利です。特にレジスチルとトリデプスには起点を作られながら一方的な展開に持ち込まれてしまいます。同じ鋼タイプでも、メルメタルやGマッギョ(ガラルマッギョ)には、場に出たタイミングやゲージ量によっては多少抗えますが、それでも不利なことに変わりはないのでバトルは避けるのが無難です。

 

「こなゆき」採用の場合

 

「あまえる」採用の場合

 

●格闘タイプ

通常技に「こなゆき」を採用した場合、お互い「等倍」の殴り合いになりますが、格闘技の「カウンター」が強力なため競り負けてしまします。環境に多いカイリキーやチャーレムなどにはゴリ押されて負けてしまいますし、格闘タイプではないですがヤルキモノにも弱いです。ただし、「あまえる」を採用した場合は圧倒できます。

 

「こなゆき」採用の場合

 

「あまえる」採用の場合

 

●毒タイプ(毒技)

ニドクイン・ドラピオン・ベトベトンなど、タイプ相性で不利な毒ポケモンには分が悪いです。特にニドクインは天敵と言って良いと思います。

ただし、通常技に「バークアウト」を採用したAベトベトン(アローラベトベトン)が相手ならば、「ヘドロウェーブ」にピンポイントでシールドを張ることができれば押し勝つことができます。また、ドラピオンには「あまえる」を採用すれば勝つことができます。

 

「こなゆき」採用の場合

 

「あまえる」採用の場合

 

●その他の苦手なポケモン

リザードンやファイアローといった炎&飛行タイプのポケモンに対面を奪われてしまいます。スーパーリーグはハイパーリーグと違い、理由は全体的な耐久力が下がっているため、そういった結果になるのですが、個人的にはタイプ相性で不利なので順当だと思います。むしろハイパーリーグで勝てたのがおかしいと思う。

 

「こなゆき」採用の場合

 

「あまえる」採用の場合

 

 

アローラキュウコンのブレイクポイント

 

【こなゆき】を採用した場合

 

Aキュウコン(アローラキュウコン「こなゆき型」)のおすすめのブレイクポイントは、デオキシスDに対して対面を奪えるようになるブレイクポイントです。

 

 

Aキュウコン(アローラキュウコン)は本来ならば、デオキシスDに勝てないでのすが、上記のようなステータスであれば、デオキシスD相手に対面を奪うことができます。あくまで、相手のデオキシスDが理想個体の場合ですが、これだけHPを残して突破できるようになるのは大きいと思います。

 

【あまえる】を採用した場合

 

また、Aキュウコン(アローラキュウコン「あまえる型」)でも、いくつかブレイクポイントがあり、こちらはスリーパーにも勝てるようになります。

 

 

因みに、Aキュウコンの個体値が「9-8-6」であれば、こなゆき型でもあまえる型でもデオキシスDを突破できますし、ピクシーとの「あまえる」対決でも引き分けをキープできるのでおすすめです(プクリンには負けます)。

とはいえ、上で紹介したブレイクポイントは、相手のポケモンが理想個体であるというのが前提ですし、これらのポケモンにブレイクした結果、他のポケモンにブレイクされている可能性は否めません。ですが、一般的によく見かけるポケモンに対面を奪えるようになるのは魅力的ですね。もしこの他に良さげなブレイクポイントがあったら、コメント欄などで教えてください。

 

 

アローラキュウコンのおすすめパーティー

 

エンペルト・Aキュウコン・バルジーナ

 

 

エンペルトが苦手な格闘タイプをAキュウコン(アローラキュウコン)、草タイプをバルジーナで見ていく構成です。格闘タイプに強くするため、Aキュウコン(アローラキュウコン)の通常技は「あまえる」を採用しています。

スーパーリーグでのあまえる型Aキュウコンは対面性能だけを見るととても高いので頼れる兄貴です。エンペルトは弱点が多いポケモンではありますが、有利なタイプには強気に出ていけますし、技範囲も広く、戦える範囲が多いですし、バルジーナはご存知の通り硬いので入れておくと安心感があります。お互いに補完が取れている構成なので戦いやすいと思います。

技構成は、エンペルト(たきのぼり・ハイドロカノン・ドリルくちばし)、Aキュウコン(あまえる・ウェザーボール・サイコショック)、バルジーナ(バークアウト or エアスラッシュ・イカサマ・つばめがえし)

 

ニョロトノ・Aキュウコン・ユキメノコ

 

 

回転の速いニョロトノを初手に据えて、後続を氷でまとめたギミックパーティです。出し負けた際はAキュウコンに引いて、ガラルマッギョなどを誘い出し、再登場のニョロトノで突破し、最後に火力お化けのユキメノコを通す構成です。裏の2匹が、鋼・岩・炎に弱いので、ニョロトノを消耗しすぎないように立ち回るのがポイントです。

この構成の場合、水タイプに強く出るためにユキメノコの枠をユキノオーにするギミックもありです。その場合は、マリルリやラグラージなどを見やすくなるのが良いですね。とはいえ、スーパーリーグの環境は移り変わりが激しいので、ギミックパーティを使う際にはトレンドに合わせて選ぶようにしましょう。

技構成は、ニョロトノ(マッドショット・ウェザーボール・じしん)、Aキュウコン(こなゆき・ウェザーボール・マジカルシャイン)、ユキメノコ(こなゆき・ゆきなだれ・シャドーボール)

 

●PVP初心者向け!ちょろのちょろっとメモ!
Aキュウコン(アローラキュウコン)は、回転率・攻防のバランスが非常に優れているため、初手でも引き先でも活躍が期待できるポケモンです。ハイパーリーグでも大活躍ですきますが、スーパーリーグでも強いので厳選しておきたい一匹ですね。通常技は「こなゆき」か「あまえる」かどちらを採用しても強いですが、採用した技によって、見れる範囲が大きく変わるので自分のパーティ構成を加味して組むのが重要です。苦手なタイプとしては、毒・炎・岩・鋼などがあげられますが、そのタイプに対して強気に出れる水・地面・格闘などと組ませてあげるのが一般的です。自分が使う際もそうですが、相手が使ってきた際も、それを視野に入れて戦うと戦いやすくなると思います。

 

 

アローラキュウコンの対戦動画(その2)

 

 

よかったらチャンネル登録よろしくお願いします♪

 

最後にもう1つ、Aキュウコン(アローラキュウコン)を使った動画をあげておきます。

バトルの際の立ち回りの参考にしてください。あと、もし良かったら、このブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録もよろしくお願いします♪

今回の記事でお伝えした内容以外にも「こんな立ち回りがあるよ」だとか「このパーティが良いよ」などがある場合は、コメント欄で教えてくださると助かります。精査して加筆して行こうと思いますので、よろしくお願いします。

 

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

ポケモンGO GOバトルリーグ研究所の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポケモンGO GOバトルリーグ研究所の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

投稿者紹介 投稿者一覧

ちょろ

ポケGOのPVPが好きなのでPVPサイト作りました!趣味はポケモンGO、スノボ、ペットは猫と亀を飼ってます(^^)

コメントを残す

*

関連記事

  • 【ハイパーリーグ】ギャラドスの特徴とおすすめパーティ!対人戦(PVP)での立ち回りと注意点!【ポケモンGO】

  • 【スーパーリーグ】ホウエン地方理想個体一覧!レベル50開放で強くなる!おすすめのポケモン!【ポケモンGO】

  • 【スーパーリーグ】ランターンのブレイクポイントとパーティ!対人戦(PVP)の立ち回りと注意点!【ポケモンGO】

  • テスト用記事

  • 【ハイパーリーグ】デンチュラのブレイクポイントとパーティ!対人戦(PVP)の立ち回りと注意点!【ポケモンGO】

  • 【ハイパーリーグ】エアームドの特徴とおすすめパーティ!対人戦(PVP)での立ち回りと注意点!【ポケモンGO】