1. TOP
  2. ポケモン図鑑
  3. 【ハイパーリーグ】フシギバナの特徴とおすすめパーティ!対人戦(PVP)での立ち回りと注意点!【ポケモンGO】
Sponsored Link

【ハイパーリーグ】フシギバナの特徴とおすすめパーティ!対人戦(PVP)での立ち回りと注意点!【ポケモンGO】

 

フシギバナ
Venusaur
タイプ草&毒
SCP2519
CP2499
攻撃156.14
防御160.07
HP160
理想個体値1-15-14(Lv.39)

 

Sponsored Link

フシギバナの対戦動画(その1)

 

よかったらチャンネル登録よろしくお願いします♪

 

 

ハイパーリーグでの長所と短所

 

長所

最大の長所は技構成の良さです。草技の「ハードプラント」が環境に多い水ポケモンに刺さりやすく、毒技の「ヘドロばくだん」はフェアリーポケモンに効くので痒いところに手が届きます。特にコミュニティデイ限定技の「ハードプラント」は強力で、タイプ相性で「等倍」以上の相手であれば大ダメージを与えることができるので、その辺もポイントが高いです。

タイプも草&毒タイプなので、格闘技の「カウンター」やフェアリー技の「あまえる」などを軽減することができるため、強力な通常技を「効果はいまひとつ」にできるのも強みと言えます。

 

短所

草技と毒技が武器なので、それらの技が効かないポケモンに歯が立ちません。具体的にはギラティナA・ドラピオン・アローラベトベトンなどです。環境に多いポケモンが苦手なので、それらのポケモンにロックされてしまうとほとんど何もできずにやられてしまうのが短所です。

 

主な立ち回り

得意なポケモンと不得意なポケモンがはっきりとしているので、常にタイプ相性の有利を取るのがポイントです。ラグラージ・カプレヒレなど、圧倒的に有利なポケモンをロックすることができれば無双できます。逆にファイアローやアローラベトベトンなどにロックされると起点にされつつやられてしまうので注意しましょう。

ハイパーリーグ1位の個体は「攻撃1、防御15、HP14(PL39)」です、野生での出現も多く、比較的厳選しやすいポケモンなので、作るのは簡単ですが、限定技の「ハードプラント」を覚えていないと強くないので、進化させるタイミングには気をつけてください。

 

●PVP初心者向け!ちょろのちょろっとメモ!
フシギバナはスーパーリーグの時はペラい印象がありましたが、ハイパーリーグだと程良い耐久力があり、意外に耐えてくれることも少なくありません。弱点さえ突かれていなければギリギリ耐えられるくらいの耐久力があるので、不利な対面でも相手のポケモンや技次第では受けてみるのもありだとは思います。とはいえ、ハイパーリーグの草ポケモン、特にフシギバナには役割を持たせていることが多いと思うので、そこは考えようですね。

 

 

フシギバナの覚える技と特徴

 

技1(通常技)

技名
タイプ
威力
DPT
時間
ターン
増量
EPT
備考
はっぱカッター
12
6
1.0秒
2ターン
4
2
つるのムチ
6
3
1.0秒
2ターン
8
4

※DPT 「1ターン毎に相手に与えることができるダメージ量」高いほど多くのダメージを与える
※EPT 「1ターン毎に貯められるゲージの増加量」ゲージ増加量の効率の良さを表している

 

●はっぱカッター(草:タイプ一致)

ハイパーリーグはスーパーリーグに比べると、相手の耐久力があるので削りが甘くなります。また、草技のとおりも悪くなるので、あえて覚えさせる必要はないと思います。

●効果ばつぐん  水・地面・岩
●効果いまひとつ 炎・草・毒・飛行・虫・ドラゴン・鋼

 

●つるのムチ(草:タイプ一致)

ハイパーリーグの環境では、スーパーリーグほど「はっぱカッター」のインパクトはないので、こちらの技を採用して、ゲージ技の回転で押すスタイルの方が良いと思います。

●効果ばつぐん  水・地面・岩
●効果いまひとつ 炎・草・毒・飛行・虫・ドラゴン・鋼

 

技2(ゲージ技)

技名
タイプ
威力
DPE
消費備考
ヘドロばくだん
96
1.92
50
はなふぶき
132
2.03
65
ソーラービーム
180
2.25
80
ハードプラント
120
2.67
45レガシー技
おんがえし
ノーマル
130
1.86
70リトレーン技
やつあたり
ノーマル
10
0.14
70シャドウ技

※DPE 「威力÷ゲージ消費で算出されたゲージ1あたりの威力地」技2の威力の効率の良さを表す。

 

●ヘドロばくだん(毒:タイプ一致)

草技が効かない相手にサブウェポンとして使えます。

●効果ばつぐん  草・フェアリー
●効果いまひとつ 毒・地面・岩・ゴースト・鋼(二重耐性)

 

●はなふぶき(草:タイプ一致)

後述の「ハードプラント」の下位互換なので、覚えさせる必要はありません。

●効果ばつぐん  水・地面・岩
●効果いまひとつ 炎・草・毒・飛行・虫・ドラゴン・鋼

 

●ソーラービーム(草:タイプ一致)

後述の「ハードプラント」の下位互換なので、覚えさせる必要はありません。

●効果ばつぐん  水・地面・岩
●効果いまひとつ 炎・草・毒・飛行・虫・ドラゴン・鋼

 

●ハードプラント(草:タイプ一致)

フシギバナのメインウェポンなので必ず覚えさせておきましょう。

●効果ばつぐん  水・地面・岩
●効果いまひとつ 炎・草・毒・飛行・虫・ドラゴン・鋼

 

●おんがえし(ノーマル)

フシギバナは他に優秀な技があるので、あえて覚えさせる必要はありません。

●効果ばつぐん  なし
●効果いまひとつ 岩・ゴースト(二重耐性)・鋼

 

●やつあたり(ノーマル)

論外です。

●効果ばつぐん  なし
●効果いまひとつ 岩・ゴースト(二重耐性)・鋼

 

ゲージ技のタイミング

技名はっぱカッターつるのムチ
ヘドロばくだん13-12-13-12-137-6-6-6-7
はなふぶき17-16-16-16-179-8-8-8-8
ソーラービーム20-20-20-20-2010-10-10-10-10
ハードプラント12-11-11-11-126-6-5-6-6
おんがえし18-17-18-17-189-9-9-8-9
やつあたり18-17-18-17-189-9-9-8-9

 

●PVP初心者向け!ちょろのちょろっとメモ!
フシギバナは「ハードプラント」がとにかく強力なので、タイプ相性で「等倍」以上の相手であれば、わりとゴリ押しすることができます。ですが、1発目と2発目の「ハードプラント」を撃つまでに「つるのムチ」を6回撃つ必要があるので、回転は決して速い方ではなく先制されることも少なくありません。その回転の差で負けてしまう相手もいるので、細かい対面についてはシミュレーションなどでチェックしましょう。また「ハードプラント」が最大の武器なので、草技が効かないポケモンには基本的には勝てません。

 

 

ダメージ倍率とタイプ相性

倍率 タイプ
×2.56  
×1.6 炎 氷 飛行 エスパー
×0.63 水 電気 格闘 フェアリー
×0.39
×0.24

 

ハイパーリーグでフシギバナを使う場合は、多くの人が何かしらのターゲットを定めていることが多いと思います。特にフシギバナは対面に敏感なポケモンなので、苦手なポケモンにロックされないように注意しましょう。

 

基本的に有利な対面

草技が効きやすいラグラージ・ブルンゲル・カプレヒレなどの水ポケモンはカモです。回転でも勝っているので様子を見ながら戦うことができます。また、相手の「あまえる」を軽減することができるため、ニンフィア・アローラキュウコンなどのフェアリーポケモンにも有利ですし、毒技が刺さるので、ビリジオン・メガニウムなどの草ポケモンにも強いです。

その他の細かい対面だと「カウンター」を軽減できるため、ズルズキン・カイリキーなどの格闘ポケモン、あとはゴリ押しで、カビゴン・ヨクバリスなどにも勝つことができます。

 

 

基本的に不利な対面

タイプ相性のとおり、ファイアロー・リザードンなどの炎ポケモン、バルジーナ・シャドウカイリューなどの飛行ポケモンが苦手です。また、草技と毒技のとおりが悪い、ドラピオン・アローラベトベトン・ニドクインなどの毒ポケモン、ハイパーリーグの王者ギラティナAにも勝てません。

 

 

注意が必要な対面

タチフサグマとの対面は、相手が「ブロッキング」を採用している場合は突っ張ると負けてしまいます。ですが、相手に先にシールドを張らせることができるという点で、こちらに主導権があります。とはいえ、相手も「ブロッキング」だけでなく、「つじぎり」で揺さぶりをかけてくる可能性もあるので油断はできない対面です。また、クレセリアとの対面では、相手が「みらいよち」を覚えている場合は負けてしまいます。

 

 

ビリジオンとコバルオンとの対面は、シミュレーション上では有利な対面になっていますが、実際のバトルでは厳しい戦いが要求されます。

まずは、ビリジオンなのですがビリジオンには毒技が「効果ばつぐん」で入るため、一見すると有利に感じられます。ですが、相手のビリジオンが「ストーンエッジ」を覚えている場合は、4回撃たれる技のうち2回ブラフに張らされると対面を奪われてしまいます。また、コバルオンとのバトルはもっとシビアで、相手のコバルオンはやられるまでに4回(1回は「せいなるつるぎ」3回は「ストーンエッジ」)を撃てるため、どう立ち回っても負けてしまいます。

シミュレーションを回すと相手が「ストーンエッジ」を撃ってこない前提になっているので、勝てる対面になっていますが、ビリジオンはともかく、コバルオンは確定で不利なので覚えておきましょう。

 

 

 

フシギバナのブレイクポイント

サクッと調べてみたところ、コレといってめぼしいブレイクポイントはありませんでした。もし、何か大きく対面をひっくり返したり、複数のポケモンに圧倒的に有利になるブレイク個体をご存知の方がいたら、コメントなどで教えてくださると助かります。

 

 

フシギバナのおすすめパーティー

 

ガラルマッギョ・クレセリア・フシギバナ

 

 

初手に耐久性能の高いガラルマッギョを置き、ガラルマッギョに強い水ポケモンと格闘ポケモン対策にクレセリアとフシギバナを置いた構築です。出し負けた際は基本的にはクレセリアに引いて、あとは再登場のガラルマッギョかフシギバナでなんやかんやする感じです。フシギバナは得意不得意がはっきりしているポケモンなので、できるだけ隠しておくのがポイントになります。

技構成は、ガラルマッギョ(マッドショット・いわなだれ・じしん)、クレセリア(サイコカッター・くさむすび・ムーンフォース)、フシギバナ(つるのムチ・ハードプラント・ヘドロばくだん)です。

 

●PVP初心者向け!ちょろのちょろっとメモ!
フシギバナを使う際は、苦手なポケモンにロックされてしまった際には何もできないので、対面には注意しましょう。ファイアローやアローラベトベトンなどに追われてしまった場合、起点にされて裏のポケモンにも技を撃たれてしまいますし、そこから一気に崩されてしまいます。フシギバナは有利な対面の時は、相手のポケモンを起点にしやすいポケモンですが、不利な対面の時は、逆に起点にされやすいポケモンです。なので、苦手なポケモンにロックされないように気をつけてくださいね。

 

 

フシギバナの対戦動画(その2)

 

よかったらチャンネル登録よろしくお願いします♪

 

最後にもうひとつ、フシギバナを使った動画をあげておきます。

バトルの際の立ち回りの参考にしてください。あと、もし良かったら、このブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録もよろしくお願いします♪

今回の記事でお伝えした内容以外にも「こんな立ち回りがあるよ」だとか「このパーティが良いよ」などがある場合は、コメント欄で教えてくださると助かります。精査して加筆して行こうと思いますので、よろしくお願いします。

 

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

ポケモンGO GOバトルリーグ研究所の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポケモンGO GOバトルリーグ研究所の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

投稿者紹介 投稿者一覧

ちょろ

ポケGOのPVPが好きなのでPVPサイト作りました!趣味はポケモンGO、スノボ、ペットは猫と亀を飼ってます(^^)

コメントを残す

*

関連記事

  • 【スーパーリーグ】デオキシスのブレイクポイントとパーティ!対人戦(PVP)の立ち回りと注意点!【ポケモンGO】での立ち回りと注意点!【ポケモンGO】

  • 【スーパーリーグ】デスカーンのブレイクポイントとパーティ!対人戦(PVP)の立ち回りと注意点!【ポケモンGO】

  • 【ハイパーリーグ】ビリジオンの特徴とおすすめパーティ!対人戦(PVP)での立ち回りと注意点!【ポケモンGO】

  • 【スーパーリーグ】プクリンのブレイクポイントとパーティ!対人戦(PVP)の立ち回りと注意点!【ポケモンGO】

  • 【ハイパーリーグ】メガニウムのブレイクポイントとパーティ!対人戦(PVP)の立ち回りと注意点!【ポケモンGO】

  • 【スーパーリーグ】マリルリの特徴とおすすめパーティ!対人戦(PVP)での立ち回りと注意点!【ポケモンGO】