1. TOP
  2. バトルの豆知識
  3. 【GOバトルリーグ】スーパーリーグのブレイクポイントまとめ!(ポケモンGO)
Sponsored Link

【GOバトルリーグ】スーパーリーグのブレイクポイントまとめ!(ポケモンGO)

 2020/07/08 バトルの豆知識 スーパーリーグ
この記事は約 21 分で読めます。

 

ポケモンGOの対人戦(PVP)のブレイクポイントまとめ(スーパーリーグ)を作ってみました!

まぁ、自分の確認用みたいなところがあるんですが、せっかくなので、多くの人に見てもらおうと思いまして、基本的に対戦相手のポケモンは理想個体で調べています。尚、相手のポケモンの個体値は理想個体とさせていただきます。(※ブレイクしたからと行って、突破できるかどうかは別の話なので、その辺はご自身で調べてみてくださいね)

今後もどんどん増やしていきますので、コメント欄などでブレイクポイントを教えてもらえると助かります。

 

Sponsored Link

目次

フシギバナ(つるのむち)のブレイクポイント

 

フシギバナは、スーパーリーグでは結構見かける代表的な草ポケモンですよね。

そんなフシギバナですが、多数のブレイクポイントが存在します。今回は「つるのむち」の与ダメが上がるブレイクポイントと、相手からの技1(通常技)の被ダメが下がるブレイクポイントの中から、良さげなブレイクポイントを紹介します。

 

フシギバナVSウツボット

 

ウツボット(ブレイクポイント)

 

ウツボット(1-15-15)への「つるのむち」のダメージを2から3に上げられる個体です。4096通り中、644通りとなっており、比較的手に入れやすいですが、限定技の「ハードプラント」を覚えさせるというのが一番のハードルですね。

 

フシギバナVSトリデプス

 

トリデプス(ブレイクポイント)

 

トリデプス(12-15-15)への「つるのむち」のダメージを2から3に上げられる個体です。4096通り中、1751通りとなっており、比較的手に入れやすいですが、限定技の「ハードプラント」を覚えさせるというのが一番のハードルですね。

因みに、先程の対ウツボットの個体厳選と同じ厳選でブレイクすることができるので、ウツボット用の個体厳選をしておけば大丈夫です。とはいえ、攻撃がブレイクしたからといって、全てのブレイク個体がトリデプスを突破できるかどうかは別の話なので、ご自身でチェックしてみてくださいね。

もし、他に目ぼしい厳選がありましたら、コメントお願いします。

 

リザードン(りゅうのぶき)のブレイクポイント

 

スーパーリーグは目ぼしい炎ポケモンが多くないので、リザードンの存在は大きいと言えます。

そんなリザードンですが、多数のブレイクポイントが存在します。今回はコミュニティデイで新実装された「りゅうのぶき」の与ダメが上がるブレイクポイントと、相手からの技1(通常技)の被ダメが下がるブレイクポイントの中から、良さげなブレイクポイントを紹介します。

 

リザードンVSダーテング

 

ダーテング(ブレイクポイント)

 

ダーテング(0-14-11)への「りゅうのいぶき」のダメージを4から5に上げられ、「バークアウト」のダメージを6から5に下げられる個体です。4096通り中、394通りとなっており、入手難易度は高いです。

 

リザードンVS相棒ヤミラミ

 

相棒ヤミラミ(ブレイクポイント)

 

相棒ヤミラミ(15-15-15)への「りゅうのいぶき」のダメージを3から4に上げられる個体です。4096通り中、219通りとなっており、入手難易度は高めです。

 

リザードンVSダーテング&相棒ヤミラミ

 

ダーテング&相棒ヤミラミ(ブレイクポイント)

 

尚、ダーテング(0-14-11)への「りゅうのいぶき」のダメージを2から3に上げられ、「バークアウト」のダメージを6から5に下げつつ、更に、相棒ヤミラミ(15-15-15)への「りゅうのいぶき」のダメージを3から4に上げられる個体は上記になります。4096通り中、118通りなので、入手難易度は高いです。

もし、他に目ぼしい厳選がありましたら、コメントお願いします。

 

リザードン(ほのおのうず)のブレイクポイント

 

リザードンの「ほのおのうず」の与ダメが上がるブレイクポイントと、相手からの技1(通常技)の被ダメが下がるブレイクポイントの中から、良さげなブレイクポイントを紹介します。

 

リザードンVSクレセリア

 

クレセリア(ブレイクポイント)

 

クレセリア(2-15-13)への「ほのおのうず」のダメージを6から7に上げられる個体です。クレセリアからの「サイコカッター」のダメージが2から3に上がりますが、対面をひっくり返すことができます。4096通り中、32通りとなっており、入手難易度は非常に高いです。

 

リザードンVSゲンガー

 

ゲンガー(ブレイクポイント)

 

ゲンガー(0-13-13)への「ほのおのうず」のダメージを10から11に上げられる個体です。4096通り中、1433通りとなっており、入手難易度はそれほど高くありません。

 

リザードンVSアローラガラガラ

 

アローラガラガラ(ブレイクポイント)

 

アローラガラガラ(0-14-14)への「ほのおのうず」のダメージを4から5に上げられる個体です。4096通り中、638通りとなっており、入手難易度はそれほど高くありません。

 

リザードンVSクレセリア&ゲンガー&アローラガラガラ

 

クレセリア&ゲンガー&アローラガラガラ(ブレイクポイント)

 

クレセリア(2-15-13)への「ほのおのうず」のダメージを6から7に上げつつ、ゲンガー(0-13-13)への「ほのおのうず」のダメージを10から11に上げ、アローラガラガラ(0-14-14)への「ほのおのうず」のダメージを4から5に上げられる個体です。4096通り中、14通りとなっており、入手難易度は高いですが、上記3体を突破できます。ただし相手が理想個体の場合です。

相手の攻撃の個体値が高い場合などは、突破されるリスクが上がりますので、シミュレーターを使ってご自身でチェックしてみてくださいね。

もし、他に目ぼしい厳選がありましたら、コメントお願いします。

 

カメックス(みずでっぽう)のブレイクポイント

 

カメックスの「みずでっぽう」の与ダメが上がるブレイクポイントと、相手からの技1(通常技)の被ダメが下がるブレイクポイントの中から、良さげなブレイクポイントを紹介します。

 

カメックスVSゴースト

 

ゴースト(ブレイクポイント)

 

ゴースト(1-15-14)への「みずでっぽう」のダメージを3から4に上げられる個体です。4096通り中、3549通りとなっており、入手難易度は低いです。

 

カメックスVSゲンガー

 

ゲンガー(ブレイクポイント)

 

ゲンガー(0-13-13)からの「シャドークロー」のダメージを6から5に下げられる個体です。4096通り中、5通りとなっており、入手難易度は非常に高いです。

 

カメックスVS相棒ヤミラミ

 

相棒ヤミラミ(ブレイクポイント)

 

相棒ヤミラミ(15-15-15)からの「シャドークロー」のダメージを5から4に下げられる個体です。4096通り中、2通りとなっており、入手難易度は非常に高いです。

 

カメックスVSゴースト&ゲンガー&相棒ヤミラミ

 

ゴースト&ゲンガー(ブレイクポイント)

 

尚、ゲンガー(0-13-13)からの「シャドークロー」のダメージを6から5に下げられる個体は、ゴースト(1-15-14))への「みずでっぽう」のダメージを3から4に上げることができます。4096通り中、2通りとなっており、入手難易度は非常に高いです。

対面を取れる個体なので、見つけたら残しておきましょう。とはいえ、「ハイドロカノン」を覚えさせるのが大変ですね。

もし、他に目ぼしい厳選がありましたら、コメントお願いします。

 

アーボック(ようかいえき)のブレイクポイント

 

アーボックの「ようかいえき」の与ダメが上がるブレイクポイントと、相手からの技1(通常技)の被ダメが下がるブレイクポイントの中から、良さげなブレイクポイントを紹介します。

 

アーボックVSヤルキモノ

 

アーボック(ブレイクポイント)

 

ヤルキモノ(1-15-15)への「ようかいえき」のダメージを5から6に上げつつ、「カウンター」のダメージを4から3に下げられる個体です。4096通り中、5通りとなっており、入手難易度は非常に高いです。

もし、他に目ぼしい厳選がありましたら、コメントお願いします。

 

キングドラのブレイクポイント

 

キングドラはニッチなポケモンですが、突然現れるとちょっと厄介なポケモンですよね。

回転の速い技1「りゅうのいぶき」と、ブラフにも使える技2「オクタンほう」との相性は抜群、そんなキングドラですが、多数のポケモンに対して「りゅうのいぶき」のダメージが1上がるブレイクポイントが存在します。1ターン技の「りゅうのいぶき」はダメージが1上がるだけでも、結果に差が出るので、ぜひ厳選してみてくださいね。

 

タチフサグマ&チャーレム(他多数)

倒すまでには至らないですが他のポケモンへのダメージ上がります

 

キングドラのブレイクポイントは、タチフサグマ(0-14-15)への「りゅうのいぶき」のダメージを3から4に、相棒チャーレム(15-15-15)への「りゅうのいぶき」のダメージを3から4に上げられる個体です。

タチフサグマ(りゅうのいぶき「3→4」)&相棒チャーレム(りゅうのいぶき「3→4」)

上記の個体は、タチフサグマ(0-14-15)、相棒チャーレム(15-15-15)だけでなく、マッギョ(0-12-15)、チルタリス(0-14-15)、ウツボット(1-15-15)、トロピウス(0-15-15)、ドクロッグ(1-15-15)などなど、多数のポケモンへのダメージが上がる個体なので、厳選してみると良いかもしれません。

4096通り中、59通りと少ないですが、相手からのダメージも上がらないことが多い個体なので、おススメです。

 

カイリキー&トリデプス(他多数)

対面ひっくり返せるので良いかもしれません

 

キングドラのブレイクポイントは、カイリキー(0-14-11)への「むずでっぽう」のダメージを3から4に、トリデプス(12-15-15)への「みずでっぽう」のダメージを2から3に上げられる個体です。

カイリキー(みずでっぽう「3→4」)&トリデプス(みずでっぽう「2→3」)

対面をひっくり返せますし、相手からの被ダメも上がらないので、悪くないと思います。

尚、上記の個体は、カイリキー(0-14-11)、トリデプス(12-15-15)だけでなく、スリーパー(0-13-13)、ダーテング(0-14-11)、ゲンガー(0-13-13)、ドクロッグ(1-15-15)、Aガラガラ(0-14-14)、ゴンベ(1-15-15)など、多数のポケモンへのダメージが上がる個体なので、厳選してみると良いかもしれません。

4096通り中、78通りと少ないですが、相手からのダメージも上がらない個体なので、おススメです。なにより対面を突破できるのは大きいですね。

 

ジヘッドのブレイクポイント

 

全リーグにおいて、ドラゴンタイプのポケモンは大活躍ですよね?

特にスーパーリーグだとチルタリスが猛威を振るっていますが、ハクリューやコモルーといった他のドラゴンタイプのポケモンも強いです。ポイントは最終進化系ではなく、第2進化形というところで、主役のジヘッドもそんな第2進化形のポケモンの1匹です。

ドラゴンタイプとしては、チルタリスに匹敵するくらい優秀なポケモンなので、ぜひ厳選してみてください♪

 

チルタリス&トリデプス

倒すまでには至らないですが最強のジヘッドです

 

ジヘッドのブレイクポイントは、チルタリス(0-14-15)への「りゅうのいぶき」のダメージを4から5に、トリデプス(12-15-15)への「りゅうのいぶき」のダメージを1から2に上げられる個体です。

チルタリス(りゅうのいぶき「4→5」)&トリデプス(りゅうのいぶき「1→2」)
(※与ダメを2つ入力できなかったためシミュレーターで)

具体的には、ジヘッド(9-15-3)が良いらしい。(あぶまみさん談)

ただでさえ、出現率の低いモノズだけに、厳選が難しいですが、ジヘッド(9-15-3)はPVP勢の間では、人気の個体値なので、ゲットしたらぜひ使ってあげてください。尚、他にもチルタリス(0-14-15)とトリデプス(12-15-15)に対して、同じパフォーマンスを発揮できるジヘッドはいるかもしれません。

 

ズルズキンのブレイクポイント

 

ズルズキンは、悪&格闘タイプと秀逸なタイプなので、痒いところに手が届くといったポケモンですね。そんなズルズキンですが、多数のポケモンにブレイクポイントがあり、個体値厳選が難しいポケモンです。いくつか紹介しますので、厳選の参考にしてみてください。

 

チルタリス&スリーパー

対面をひっくり返すには至らないですが悪くないです

 

ズルズキンのブレイクポイントは、チルタリス(0-14-15)への「りゅうのいぶき」のダメージを3から2に下げつつ、スリーパー(0-12-13)への「カウンター」のダメージを3から4に上げられる個体です。

チルタリス(りゅうのいぶき「3→2」)&スリーパー(カウンタ―「3→4」)

4096通り中、36通りと少ないですが、こちらや相手のHP残量にかなり大きな差が出るので、厳選できたらラッキーですね。特に最近はスリーパーが増えてきているので、面白い厳選だと思います。

 

メガニウム&スリーパー

HP残量が大幅に増えるので良い厳選だと思います

 

ズルズキンのブレイクポイントは、メガニウム(0-10-15)への「カウンター」のダメージを5から6に上げつつ、スリーパー(0-12-13)への「カウンター」のダメージを3から4に上げ、更に「ねんりき」のダメージを6から5に下げられる個体です。

リンクが作れなかったので直貼りで(全12通り)

この個体は「つるのむち」を使ってくる草ポケモン全般、メガニウム(0-10-15)、ナットレイ(0-13-13)、フシギバナ(0-14-11)に強く出ていける個体で、尚且つ、スリーパー(0-13-13)、チルタリス(0-14-15)にも悪くない個体もいけるので、悪くない厳選だと思います。

 

ダーテングのブレイクポイント

 

ダーテングは、ラプラス・デオキシスD・ブラッキーなど、GOバトルリーグで出てくる主要なポケモンに攻撃・防御共にブレイクポイントを持っていますが、「バークアウト」も「タネマシンガン」も3ターン技で硬直時間が長く、ダーテング自体の耐久力がないため、そもそも技を撃てる回数が少なく、攻撃のブレイクポイントの恩恵はほとんど期待できません。

実際、シミュレーターを回してみたところ、ブレイクポイントの有無での結果に大きな差は出ませんでした。(あくまで調べきれた範囲の話です)なので、基本的にはSCPランキング通りの個体厳選で良いと思います。

 

ラプラス

メガニウムに安心して勝ちたいなら厳選がおススメかな?

 

ダーテングのブレイクポイントその1は、メガニウム(0-10-15)の「つるのムチ」のダメージを4から3に抑えつつ、ラプラス(0-10-14)の「こおりのつぶて」のダメージを14から13に抑えられる個体です。

メガニウム(つるのムチ「4→3」)&ラプラス(こおりのつぶて「14→13」)

4096通りのうち、43通りと非常に少ないですが、レアなので捕まえられたらラッキーです。おススメは「0-15-9」の個体かな?

 

他にも、いくつかダーテング対主要なポケモンとの結果を調べましたが、結論「SCPランキング通りの厳選」でよさそうな気がします。何か結果に大きな差が出るブレイクポイントが他にありましたら、コメントお待ちしております。

 

チルタリスのブレイクポイント(重要)

 

ご存知の通り、チルタリスはスーパーリーグのメインポケモンの1匹なので、個体値厳選はめちゃくちゃ大事です。特に「2チル」と呼ばれる「りゅうのいぶき」に耐性のあるマリルリなどに、より多くのダメージを与えられる、攻撃特化型のチルタリスは重要なので、しっかりとやっておくようにしましょう。

 

マリルリ&ヤミラミ

よくある対面で結果に大きな差が出るので厳選がおススメです

 

チルタリスのブレイクポイントその1は、マリルリ(8-15-15)への「りゅうのいぶき」のダメージを1から2に上げつつ、ヤミラミ(15-15-15)からの「シャドークロー」のダメージが4の個体です。結果が大きく変わるので、マリルリをメインにプラスαでヤミラミもケアしたい場合は厳選をしましょう。

マリルリ(りゅうのいぶき「1→2」)&ヤミラミ(シャドークロー「4」)

マリルリ(りゅうのいぶき「1→2」)&相棒ヤミラミ(シャドークロー「4」)

4096通りのうち、120通りと少ないです、更に相棒ヤミラミもケアすると、たったの19通りという少なさです。

理想個体のチルタリス(0-14-15)は、ヤミラミ(15-15-15)の「シャドークロー」のダメージは4ですが、マリルリ(8-15-15)への「りゅうのいぶき」のダメージを上げることができません。理想個体とは別に対マリルリ&ヤミラミ用の個体も用意しておきたいですね。

その際は、ダメージの増減を見るだけでなく、しっかりとシミュレターを回して、ヤミラミに負けない個体を厳選してください。ヤミラミの「シャドークロー」のダメージをケアしていない個体は、ヤミラミに負けてしまいますので要注意です。

 

マリルリ&エアームド

よくある対面で結果に大きな差が出るので厳選がおススメです

 

チルタリスのブレイクポイントその2は、マリルリ(8-15-15)への「りゅうのいぶき」のダメージを1から2に上げつつ、エアームド(0-15-14)からの「エアスラッシュ」のダメージが5の個体です。結果が大きく変わるので、マリルリ&エアームドを見る場合は厳選をしましょう。

マリルリ(りゅうのいぶき「1→2」)&エアームド(エアスラッシュ「5」)

相棒マリルリ(りゅうのいぶき「1→2」)&エアームド(エアスラッシュ「5」)

4096通りのうち、67通りと少ないです。相棒マリルリだとたったの17通り。理想個体のチルタリス(0-14-15)は、エアームド(0-15-14)の「エアスラッシュ」のダメージは5ですが、マリルリへの「りゅうのいぶき」のダメージは上げることができません。理想個体とは別に対マリルリ&エアームド用の個体を用意しておきたいですね。

その際は、ダメージの増減を見るだけでなく、しっかりとシミュレターを回して、エアームドに負けない個体を厳選してくださいね。

尚、マリルリへの「りゅうのいぶき」がブレイクするチルタリスは、同時に、ナマズン・ラグラージ・クレセリアに対しての「りゅうのいぶき」のダメージが上がりますので、覚えておきましょう。

 

ピクシーのブレイクポイント(重要)

 

ピクシーのメインウェポンは「あまえる」なので、「1回の攻撃でどれだけダメージを耐えられるか?」は非常に重要な要素になります。

マリルリやデオキシスDなど、GOバトルリーグによく出てくるポケモンにブレイクポイントを持っているので、仮想敵に合わせて厳選するのがおススメです。

 

マリルリ

結果に大きな差が出るので厳選がおススめです

 

ピクシーのブレイクポイントその1は、マリルリ(8-15-15)への「あまえる」のダメージを11から12に上げられる個体です。結果が大きく変わるので、マリルリ(8-15-15)を仮想敵に考えている場合は厳選をしましょう。

マリルリ(あまえる「11→12」)

4096通りのうち、3833通りと多いですが、理想個体のピクシー(0-13-15)は、マリルリ(8-15-15)へのダメージを上げることができません。理想個体とは別に対マリルリ(8-15-15)用の個体も用意しておきたいですね。

 

デオキシスD

結果に大きな差が出るので厳選がおススめです

 

ピクシーのブレイクポイントその2は、デオキシスD(10-15-13)の「カウンター」のダメージを4から3に下げられる個体です。結果が大きく変わるので、デオキシスD(10-15-13)を仮想敵に考えている場合は厳選をしましょう。

デオキシスD(カウンタ―「4→3」)

4096通りのうち、1775通りで、ピクシーの理想個体(0-13-15)もこちらに含まれます。攻撃に特化した個体は、デオキシスD(10-15-13)相手には使わない方が無難ですね。

 

マリルリ&デオキシスD

ピクシーの究極の理想個体は「0-5-15」で決定

 

ピクシーは、マリルリ(8-15-15)への与ダメ、デオキシスD(10-13-15)への被ダメを考えると、その両方を網羅した個体を厳選するのがおススメです。

マリルリ(あまえる「11→12」)&デオキシスD(カウンタ―「4→3」)(ピクシーのHPが151以上)

特にデオキシスD(10-13-15)からのカウンターのダメージを3に抑えた場合、ピクシーのHPをデオキシスDからのカウンターのダメージ3の倍数にならないようにケアするのがポイントです。

ピクシー(0-5-15)は、マリルリ(8-15-15)への「あまえる」のダメージを11から12に上げつつ、デオキシスDからの「カウンター」のダメージを4から3に下げることができ、HPが151になるので、デオキシスDからの「カウンター」のダメージの倍数にあたりません。(ベイルさん談

その結果、倒されるのが遅くなる傾向があるので、ピクシー(0-5-15)をゲットしたら、大事に育てましょう。

 

マッギョのブレイクポイント(重要)

 

マッギョは、技構成が良く、スーパーリーグで活躍できるポケモンなので厳選が大事です。攻撃の個体値次第で勝敗が変わる対面もあるので、しっかりと厳選をするようにしましょう。

 

マリルリ

勝敗を左右するほど、結果に差が出ます

 

マッギョの絶対に厳選すべきブレイクポイントは、マリルリ(8-15-15)への「でんきショック」のダメージを3から4に上げられる個体です。勝敗を左右するほどなので、マリルリを仮想敵に考えている場合は厳選をしましょう。

マリルリ(でんきショック「3→4」)

4096通りのうち、492通りと少なく、わりと厳選が大変ですが、バトルの勝敗を勝敗を左右するくらい重要なポイントなので、確保できた場合は育てておきたいですね。

尚、究極は、マリルリ(相棒)からの「あわ」のダメージを8に留めつつ、マッギョの「電気ショック」のダメージが3から4に上がる個体になります。60通りと少ないですが捕まえられたらラッキーです。

相棒マリルリ(あわ「8」でんきショック「3→4」)

まぁ、でも相棒マリルリは、言うて多くないから大丈夫かな?

 

ガラルマッギョのブレイクポイント

 

ガラルマッギョは、スーパーリーグで使える鋼タイプの筆頭ですね。まぁ、レジスチルほどではないですが、そんなに多く出現しないので厳選しといて損はないです。

 

デオキシスD&レジスチル

レジスチルに結果を出しつつ、デオキシスには変わらぬパフォーマンス

 

ガラルマッギョのおススメブレイクポイントは、レジスチル(2-13-14)への「マッドショット」のダメージを2から3に上げつつ、デオキシスD(15-15-15)からの「カウンター」のダメージを7に留められる個体です。

レジスチル(マッドショット「2→3」)&デオキシスD(カウンタ―「7」)

4096通りのうち、たったの16通りと少なく、厳選できたらかなりラッキーですね。まぁ、対面には関係ないのでシビアに厳選しなくても良いでしょう。

 

ヤルキモノのブレイクポイント(重要)

 

出し負けの引き先としても優秀で、何かと厄介な存在のヤルキモノ、そんなヤルキモノにもブレイクポイントがあります。

 

マリルリ&エアームド

かなり結果に差が出るので厳選もありですね

 

ヤルキモノのおススメブレイクポイントは、相棒マリルリ(7-15-13)への「カウンター」のダメージを3から4に上げつつ、エアームド(0-15-14)からの「エアスラッシュ」のダメージを「7」に留める個体です。。

相棒マリルリ(カウンタ―「3→4」)&エアームド(エアスラッシュ「7」)

4096通りのうち、263通りと少なく、厳選難易度はまあまあです。

突然のヤルキモノはホントに厄介ですので、マリルリやエアームドを想定している場合には、厳選しても良いと思います。

 

ランターンのブレイクポイント

 

ランターンは、スーパーリーグで人気のチルタリスに対してブレイクポイントを持っています。よく当たる対面なのですが、「チルタリスの攻撃の個体値」と「ランターンの防御の個体値」の微妙なバランスによって、細かい厳選が必要になるので、そこまで考えて選ぶと厳選が難しいです。(そもそもランターンはチルタリス以外にも当たるしね)

なので、基本的にはSCPランキング通りの個体厳選で良いと思います。

 

チルタリス

ランターンの防御が12以下だと被ダメが1変わるが大差はなさそう

 

ランターンのブレイクポイントは、チルタリス(0-14-15)の「りゅうのいぶき」のダメージを4から3に下げられる個体です。

チルタリス(りゅうのいぶき「4→3」)

4096通りのうち、243通りと少ないですが、基本的にはSCPランキング通り(0-13-14)でOKです。ただし、チルタリスの攻撃の個体値が上がると、SCPランキング1位の個体でも、4のダメージを受けてしまいます。

因みに、防御に特化したランターン(0-15-0)は、攻撃に特化したチルタリス(攻撃の個体値が7)からの「りゅうのいぶき」のダメージを3に抑えることが可能です。(みをつくしさん談

 

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

ポケモンGO GOバトルリーグ研究所の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポケモンGO GOバトルリーグ研究所の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

投稿者紹介 投稿者一覧

ちょろ

ポケGOのPVPが好きなのでPVPサイト作りました!趣味はポケモンGO、スノボ、ペットは猫と亀を飼ってます(^^)

コメント

  1. ルドルフ より:

    はじめまして!
    いつも参考にさせてもらってます。
    YouTubeの動画もわかりやすくて、ありがたいです。

    以前厳選の機会があった、ガラルマッギョはいかがですか?
    ある程度攻撃に振らないとレジスチルに返り討ちに遭います。

    1. ちょろ より:

      >ルドルフさん

      コメントありがとうございます。

      ガラルマッギョは個体値を攻撃に振らないとレジスチルに勝てなくなりますよね。
      そういう細かい調整があるのもポケGOのPVPの醍醐味ですね♪

  2. ルドルフ より:

    大変失礼なことをしてしまいました。
    記事の中にガラルマッギョありましたね。
    本当に申し訳ありません。
    コメント削除できないみたいなので、見なかったことにしていただけると助かります。
    申し訳ありませんでした。

    1. ちょろ より:

      >ルドルフさん

      いえいえ、全然大丈夫ですよ。
      今後もどんどんコメントいただけると助かります(^^)

コメントを残す

*

関連記事

  • 【スーパーリーグ】ランターン厳選とブレイクポイント!PVPでの弱点と対策!〔ポケモンGO〕

  • 【GOバトルリーグ】対人戦で勝つためのコツ!PVP上級者が使うCCTとは?バトルの豆知識vol.2〔ポケモンGO〕

  • 【スーパーリーグ】マリルリの厳選とブレイクポイント!PVPでの弱点と対策!〔ポケモンGO〕

  • 【スーパーリーグ】ポッタイシの厳選とブレイクポイント!PVPでの弱点と対策!〔ポケモンGO〕

  • 【スーパーリーグ】ヤミラミの厳選とブレイクポイント!PVPでの弱点と対策!〔ポケモンGO〕

  • 【スーパーリーグ】ナマズンの厳選とブレイクポイント!PVPでの弱点と対策!〔ポケモンGO〕