1. TOP
  2. ポケモン図鑑
  3. 【ハイパーリーグ】デンチュラの特徴とおすすめパーティ!対人戦(PVP)での立ち回りと注意点!【ポケモンGO】
Sponsored Link

【ハイパーリーグ】デンチュラの特徴とおすすめパーティ!対人戦(PVP)での立ち回りと注意点!【ポケモンGO】

デンチュラ(Galvantula)
タイプ電気&虫タイプ
SCP2285
CP2500
攻撃180.89
防御120.88
HP158
理想個体値15-15-15(Lv.51)

 

 

Sponsored Link

デンチュラの対戦動画(その1)

 

よかったらチャンネル登録よろしくお願いします♪

 

ハイパーリーグでの長所と短所

長所

長所はなんと言っても「火力の高さ」で、理想個体(13-15-15・PL51)ならば、攻撃の実数値180.89もあるので、ほとんどの相手にゲージ技を先制することができます。

実際、ハイパーリーグの環境でよく出てくるポケモンの中で、攻撃時数値がデンチュラよりも高いポケモンは、ゲンガー、ロズレイド、ネギガナイトといった、名だたる攻撃特化ポケモンくらいなので、ロックした状態であれば安心して技を撃てます。

また、通常技では、チャージ効率が良く火力も高い「ボルトチェンジ」が使えるので、タイプ一致の「ほうでん」と、相手の攻撃力を100%の確率で一段階落とす「とびかかる」をタイプ一致で撃てるので、相手からすると脅威に感じられるでしょう。

更に、タイプ相性も非常に良く、弱点が炎と岩の2つしかありません。耐久力は低いですが「電気&虫という唯一無二のタイプ」は本当に優秀ですね。

短所

デンチュラの短所はなんと言っても「耐久力の低さ」で、シールドを駆使しながら戦うタイプのポケモンのため、シールドが残っていないと簡単に突破されてしまう可能性があります。タイプ相性上「いまひとつの技」でさえ、相手の攻撃力次第では2発でやられてしまうこともあるので、注意が必要です。

また、ゲージ技の「ボルトチェンジ」が4ターン技で、動作がもっさりしているので、ダメージ判定が入る前に押し切られてしまうことも少なくなく、それに加えて、ゲージ技を撃つタイミングで交代受けをされやすいという弱点もあります。

実際、通常技の「ボルトチェンジ」を3発撃つと、ゲージ技の「ほうでん」と「とびかかる」が撃てるようになるので、技のタイミングが読まれやすいです。なので、その辺を意識した立ち回りが必要になります。

主な立ち回り

シールドが必須なポケモンのため、出し入れをしながら戦うのが基本の戦術になります。タイプ相性で出し勝っており、相手をロックしている場合は、起点にしながら様子を見て倒し切り、裏のポケモンに「ほうでん」や「とびかかる」を連続で撃てる状態にしておくと、めちゃくちゃ強いです。

逆に出し負けている場合は、即引きするか、ゲージを貯めて相手の技のタイミングでかわし、隙を見て、再登場のさせて、ゲージ技を撃っていくという動きをすると、逆転勝ちできることも少なくありません。

対面で有利を取りながらゲージを貯めて、ここぞというタイミングでゲージ技を撃つようにしましょう。

 

●PVP初心者向け!ちょろのちょろっとメモ!
デンチュラは比較的出し負けが少なく「有利な対面を取れることが多いポケモン」です。出し勝ちで相手が引いてきた場合は、引き先に「とびかかる」と「ほうでん」の二択を迫ることができます。注意すべき点としては「ボルトチェンジ3発でゲージ技が貯まる」という点で、その特徴を知っている相手には技をかわされやすいです。ですが、逆に相手が変えてくることを見越して「即撃ちせずに様子を見ること」もできるため、駆け引きを楽しみながら運用するのがポイントです。

 

 

デンチュラの覚える技と性能

技1(通常技)

技名
タイプ
威力
DPT
時間
ターン
増量
EPT
備考
ボルトチェンジ
電気
14.4
3.6
2秒
4ターン
16
4
れんぞくぎり
2.4
2.4
0.5秒
1ターン
4
4

※DPT 「1ターン毎に相手に与えることができるダメージ量」高いほど多くのダメージを与える
※EPT 「1ターン毎に貯められるゲージの増加量」ゲージ増加量の効率の良さを表している

●ボルトチェンジ(電気:タイプ一致)

タイプ一致で撃てる上、威力・チャージ効率共に優れた技なのでおススメです。デンチュラ自身の火力の高さも相まって、かなりのダメージが期待できます。ただし注意点として、技性能は優れていますがターン数が多く、技の回転がもっさりしているので、その点には注意するようにしましょう。

●効果ばつぐん  水・飛行
●効果いまひとつ 電気・草・地面(二重耐性)・ドラゴン

●れんぞくぎり(虫:タイプ一致)

チャージ効率は「ボルトチェンジ」と同じですが、威力が低く、ハイパーリーグの環境では虫技が刺さる相手も少ないのおススメできません。火力が武器のデンチュラの特徴を活かす技としては「れんぞくぎり」よりは「ボルトチェンジ」の方が相応しいと思います。

●効果ばつぐん  草・エスパー・悪
●効果いまひとつ 炎・格闘・毒・飛行・ゴースト・鋼・フェアリー

 

技2(ゲージ技)

技名
タイプ
威力
DPE
消費備考
クロスポイズン
40
1.14
35
むしのさざめき
108
1.8
60敵・防御↓
30%
ほうでん
電気
78
1.73
45
エナジーボール
90
1.64
55敵・防御↓
10%
とびかかる
72
1.6
45敵・攻撃↓
100%

※DPE 「威力÷ゲージ消費で算出されたゲージ1あたりの威力地」技2の威力の効率の良さを表す。

●クロスポイズン(毒)

回転は速いですが、威力40しかなく、タイプも不一致のためおススメできません。

●効果ばつぐん  草・フェアリー
●効果いまひとつ 毒・地面・岩・ゴースト・鋼(二重耐性)

●むしのさざめき(虫:タイプ一致)

タイプ一致で威力も108と高いですが、ゲージ消費が60と一番多いため、耐久力の低いデンチュラとの相性は、あまりよくありません。ハイパーリーグの環境は、虫技のとおりも悪いですし、他の技を採用した方が勝率は上がると思います。

●効果ばつぐん  草・エスパー・悪
●効果いまひとつ 炎・格闘・毒・飛行・ゴースト・鋼・フェアリー

●ほうでん(電気:タイプ一致)

消費ゲージがたったの45にもかかわらず、タイプ一致補正で威力78もあるため、かなりおススメです。

●効果ばつぐん  水・飛行
●効果いまひとつ 電気・草・地面(二重耐性)・ドラゴン

●エナジーボール(草

前述の「ほうでん」と後述の「とびかかる」が優秀過ぎるため採用率は低いです。というか一度も見たことありません。とはいえ「デンチュラはラグラージなどの地面タイプが苦手」なので、いきなりこれが飛んで来たら、相手はビビるかもしれませんね。

●効果ばつぐん  水・地面・岩
●効果いまひとつ 炎・草・毒・飛行・虫・ドラゴン

●とびかかる(虫:タイプ一致

消費ゲージがたったの45にもかかわらず、タイプ一致補正で威力72もあるため、かなりおススメです。火力だけを見れば「ほうでん」には劣りますが、相手の攻撃力を100%の確率で一段階落とす効果があるので、ブラフとしても採用できます。

●効果ばつぐん  草・エスパー・悪
●効果いまひとつ 炎・格闘・毒・飛行・ゴースト・鋼・フェアリー

 

●PVP初心者向け!ちょろのちょろっとメモ!
デンチュラの場合、火力、耐久力、回転力、それらを総合的に考えてみても、「ボルトチェンジ」「ほうでん」「とびかかる」の採用が一番しっくりくる気がします。威力の低いゲージ技の構成でもバトル渡り合っていけるのは、やはりデンチュラ自身の火力の高さ故なんでしょうね。。。また、この技構成が優れている点として「どちらの技も消費ゲージが45で同じ」という点があげられます。「ほうでん」と「とびかかる」が全く同じタイミングで飛んでくるわけですから、相手は勘に頼るしかないです。その点もこの技構成が優れている点のひとつにあげられますね。尚、デンチュラの場合、ブラフは負け筋に繋がりやすい印象があるので、相手を倒せそうなら、下手なブラフで「とびかかる」よりも「ほうでん」を選択することをおススメします。

 

 

ダメージ倍率とタイプ相性

倍率 タイプ
×2.56
×1.6  炎 
×0.63  草 電気 格闘 
×0.39
×0.24  

 

デンチュラの最大の長所は、その回転力と火力です。タイプ相性の有利を維持しながら、相手のポケモンをゴリゴリ押していきましょう。ただし、技のタイミングは読まれやすいので要注意です。

 

基本的に得意なポケモン

●悪タイプ

ブラッキー、タチフサグマ、アローラベトベトンなどの人気の悪ポケモンは餌です。相手の方がジリ貧になって引いていくことが多いので、対面キープのまま引き待ちをすれば、相手の引き先に対してとびかかれます。とはいえ、デンチュラ自身が悪技に対して耐性がある訳ではないので、あまり悠長していると倒されてしまいますので、そこは油断せずに戦うようにしましょう。

 

●水タイプ

ギャラドス・ラプラス・ブルンゲル、・エンペルト・ニョロトノといった水ポケモンには弱点を突けるので強いです。特に、ギャラドスは二重弱点を突いているので圧倒できます。とはいえ、水タイプにもシールドは必要になるので、その点は注意が必要です。

また、ニョロトノに対しては回転の速さで負けているので「ほうでん」ではなく「とびかかる」を撃たないと、押し切られてしまいます。弱点で攻撃するのではないので、意外ですが「とびかかる」で攻撃力を下げていけば勝てるので、ニョロトノにはとびかかっていきましょう。

 

●飛行タイプ(飛行技)

エアームド、フワライド、ファイアローといった飛行ポケモンは対面を奪うことができます。ファイアローはお互い弱点を突き合うのですが、技の回転の差でギリ勝ちできるといった印象です。差し込み次第ではどう転ぶかは分かりません。因みに、ファイアローに対しても「とびかかる」の方が効率が良くなります。

また、同じ飛行ポケモンでも、リザードン、トゲキッスには勝てないので、突っ張るのは禁物です。リザードンの場合は「ほのおのうず」の回転数に「ボルトチェンジ」が及ばないので押し切られてしまいますし、トゲキッスの場合は「あまえる」の火力でゴリ押されます。

 

●格闘タイプ(格闘技)

カイリキー・ドクロッグ・ネギガナイト・シュバルゴといったカウンター族には対面を奪えます。この辺は虫耐性が役に立ってますね。ただし、基本的に格闘ポケモンは火力の高いポケモンが多いので、ゲージ技は全て防がないと負けます。特に、カイリキーは弱点の「いわなだれ」を放ってくるので、それを喰らってしまったらひとたまりもありません。

 

●草タイプ(草技)

フシギバナ・モジャンボ・ナットレイなどの草ポケモンにも勝つことができます。こちらの「ボルトチェンジ」のとおりが悪いので辛そうに感じますが、相手の草技も全般的にとおりが悪いため、回転の速さと「とびかかる」の追加効果によって倒し切ることが可能です。

ただし、フシギバナの場合は相手に毒タイプが入っているためギリギリになりますし、シャドウフシギバナに至っては競り負けてしまいます。また、ロズレイドにも焼かれてしまうので「毒タイプの入っている草は苦手」と覚えておきましょう。

 

●その他の得意なポケモン

デンチュラは不思議なポケモンで、ファイアロー、バクフーンといったタイプ相性で苦手な炎ポケモンを返り討ちにすることができます。この2匹の炎ポケモンに共通しているのが「やきつくす」という5ターン技を搭載しているという点で、その「やきつくす」が重くもっさりしているおかげで勝ち切れるといった感じになります。

更に、面白い点として「等倍」の「ほうでん」ではなく、「効果はいまひとつ」の「とびかかる」を撃った方が効率が良いというのがあげられますね。先程のニョロトノもそうですが「タイプ相性無視の技の方が良い場合がある」というのを覚えておきましょう。

 

基本的に苦手なポケモン

●地面タイプ

Gマッギョ(ガラルマッギョ)・ラグラージには、回転力で敵わないので圧倒的な差で負けてしまいます。特にGマッギョ(ガラルマッギョ)には、ほとんど全ての技が通らないのでガン起点にされます。

この2匹に対しては圧倒的な出し負けなので、対峙してしまった場合は逃げるか諦めましょう。尚、この2匹との対面を作られてしまった場合は、めちゃくちゃ起点にされてしまうので、その後の展開もボロボロになることが多いです。

 

●岩タイプ(岩技)

デンチュラは耐久力がないため、弱点の岩技でゴリゴリ押されると負けてしまいます。デンチュラも回転力で多少は応戦できますが、「うちおとす」の火力が高すぎるのでボコボコにされます。

 

●フェアリータイプ

ピクシー・トゲキッス・アローラキュウコンなどのあまえる族には、ただただゴリ押されます。この辺は耐久力の無さがもろに出ますね。攻撃力を下げても無駄なので「ほうでん」を撃ちましょう。当たればワンチャン有りです。

 

●氷タイプ

ユキノオー、アローラキュウコンなどには回転の速さで負けます。調べてみたところ、ユキノオー相手には善戦できそうな感じですが、「とびかかる」が「効果はいまひとつ」になる、アローラキュウコンには歯が立たないので、この2匹にも注意しましょう。

 

●その他の苦手なポケモン

カイリューには「りゅうのいぶき」でゴリ押されてしまい勝てません。ですが、相手がこちらの1発目の技にシールドを張らなかった場合は突破可能です。撃つ技は「とびかかる」でも「ほうでん」でもどちらでもOKです。

相手がシールドを張って来なかった場合は、チャンスと見て対面を奪いに行っても良いと思います。尚、同じドラゴンタイプでも、キングドラは「とびかかる」連打で勝てます。

 

 

ガラルマッギョのおすすめパーティー

ラグラージ・エアームド・デンチュラ

回転力があり、弱点さえ突かれなければ、相手にどんどんプレッシャーを与えれるラグラージを初手に置き、苦手な草タイプを見るためにエアームドを置いた布陣です。ラグラージの苦手な草タイプをエアームドで、エアームドが苦手な炎タイプをラグラージが見れる構成で、初手の草への出し負けケアには、万能なデンチュラを添えてみました。

草タイプへの出し負けはデンチュラに引いて、相手の様子を見ながら立ち回っていく感じで、相手の引き先次第では、先行で出ているデンチュラが対面を崩してくれます。

技構成は、ラグラージ(マッドショット・ハイドロカノン・じしん)、エアームド(エアスラッシュ・ゴッドバード・ブレイブバード)、デンチュラ(ボルトチェンジ・ほうでん・とびかかる)

 

デンチュラ・キングドラ・ラグラージ

出し負けの少ないデンチュラを初手に置いて、相手の引き先をキングドラとラグラージで追いかける構成。初手のデンチュラと裏のキングドラはデバフ技を持っているので、そこでデバフを引けると大きなアドバンテージを取ることができます。

出し負けたら、基本的にはキングドラに引いて「オクタンほう」でデバフを狙って行きます。また、キングドラの「げきりん」は強力ですし、デンチュラの火力もヤバいので、その2匹でシールドを剥がした後に、回転の速いラグラージで貫通していくという動きも可能です。

技構成は、デンチュラ(ボルトチャンジ・ほうでん・とびかかる)、キングドラ(りゅうのいぶき・げきりん・オクタンほう、ラグラージ(マッドショット・ハイドロカノン・じしん)

 

●PVP初心者向け!ちょろのちょろっとメモ!
デンチュラは本当に面白いポケモンで、ファイアロー、バクフーン、ニョロトノ対面のように、相手の弱点を突いて「ほうでん」を撃つよりも、デバフ技の「とびかかる」を撃った方が効率が良い対面が少なくありません。タイミングもありますが、そういう面白い対面もあるので、個々のポケモンごとに「何を撃っていったら良いのか?」を調べておくのが大事です。ガラルマッギョ、ラグラージ意外であれば、基本的に大きな出し負けは少ないので、初手でアドバンテージを取りたい人にはおススメのポケモンです。ただし、「耐久力が低いのでシールドが必須」「ゲージ技のタイミングが読まれやすい」など、隙も多いポケモンなので、運用する際には気を付けて戦ってくださいね。

 

 

デンチュラの対戦動画(その2)準備中

 

よかったらチャンネル登録よろしくお願いします♪

 

最後にもう1つ、デンチュラを使った動画をあげておきます。

バトルの際の立ち回りの参考にしてください。あと、もし良かったら、このブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録もよろしくお願いします♪

今回の記事でお伝えした内容以外にも「こんな立ち回りがあるよ」だとか「このパーティが良いよ」などがある場合は、コメント欄で教えてくださると助かります。精査して加筆して行こうと思いますので、よろしくお願いします。

 

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

ポケモンGO GOバトルリーグ研究所の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポケモンGO GOバトルリーグ研究所の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

投稿者紹介 投稿者一覧

ちょろ

ポケGOのPVPが好きなのでPVPサイト作りました!趣味はポケモンGO、スノボ、ペットは猫と亀を飼ってます(^^)

コメントを残す

*

関連記事

  • 【スーパーリーグ】ピクシーの特徴とおすすめパーティ!対人戦(PVP)での立ち回りと注意点!【ポケモンGO】

  • 【ハイパーリーグ】シンオウ地方理想個体一覧!レベル50開放で強くなる!おすすめのポケモン!【ポケモンGO】

  • 【ハイパーリーグ】カントー地方理想個体一覧!レベル50開放で強くなる!おすすめのポケモン!【ポケモンGO】

  • 【ハイパーリーグ】ホウエン地方理想個体一覧!レベル50開放で強くなる!おすすめのポケモン!【ポケモンGO】

  • 【ハイパーリーグ】エアームドの特徴とおすすめパーティ!対人戦(PVP)での立ち回りと注意点!【ポケモンGO】

  • 【スーパーリーグ】マグカルゴの特徴とおすすめパーティ!対人戦(PVP)での立ち回りと注意点!【ポケモンGO】