1. TOP
  2. ポケモン図鑑
  3. 【ハイパーリーグ】リザードンのブレイクポイントとパーティ!対人戦(PVP)の立ち回りと注意点!【ポケモンGO】
Sponsored Link

【ハイパーリーグ】リザードンのブレイクポイントとパーティ!対人戦(PVP)の立ち回りと注意点!【ポケモンGO】

 

リザードン
Charizard
タイプ炎&飛行
SCP2383
CP2500
攻撃169.83
防御141.65
HP153
理想個体値0-13-15(Lv.35)

 

Sponsored Link

リザードンの対戦動画(その1)

 

よかったらチャンネル登録お願いします♪

 

ハイパーリーグでの長所と短所

 

長所

技範囲が広く、採用する技によって見れる範囲が変わるのが特徴です。相性的に刺さる相手が多いのも良いですね。攻撃力も高いので、ほとんどのポケモンに先制することが可能です。

基本の技構成は「ドラゴンクロー」「ブラストバーン」が多いです。コミュニティデイ限定技の「ブラストバーン」は威力があるため、「等倍」の相手はもちろん、「効果はいまひとつ」の相手でも、耐久力が低い相手には大ダメージを与えることができます。また、もう一方のゲージ技「ドラゴンクロー」はブラフにも使えるので便利です。

 

短所

攻撃力が高い代わりに耐久力が低いため、シールドが必須になります。特に弱点を突かれている場合、相手の技次第では一撃でやられてしまうこともあるので注意が必要です。また、通常技は基本的にドラゴン技か炎技か飛行技になるため、選択した技によっては刺さらないことが多く、ぶつける相手を選ぶ必要があります。

 

主な立ち回り

通常技を何にしたかにもよりますが、「ほのおのうず」を採用した場合は、炎技が刺さる相手にぶつけるのがポイントです。ハイパーリーグだとシュバルゴやフシギバナ辺りですね。ハイパーリーグでの炎技の通りは限定的なので、当てる相手を選ぶようにしましょう。

また「りゅうのいぶき」を選択した場合は、よほど不利な対面でなければゴリ押すことも可能です。その際はシールドが必須になるため、ブラフの「ドラゴンクロー」を織り交ぜながら、高火力の「ブラストバーン」をぶち当てていきましょう。

因みに、ハイパーリーグ1位の個体は「攻撃0・防御13・HP15(PL35)」になります。ヒトカゲは野生でも比較的出やすいポケモンですし、厳選は難しくないですね。

 

●PVP初心者向け!ちょろのちょろっとメモ!
リザードンの武器は、なんと攻撃力なので、コミュニティデイ限定技の「ブラストバーン」はほぼ必須の技になります。覚えていない場合は他のポケモンを使ったほうが良いと思います。また、リザードンを使う際の注意点として、耐久力はあまり高くないので、ゲージ技の回転の速いポケモンや通常技でゴリゴリ押してくるポケモンには分が悪いです。

 

 

リザードンの覚える技と特徴

 

技1(通常技)

技名
タイプ
威力
DPT
時間
ターン
増量
EPT
備考
ほのおのうず
10.8
3.6
1.5秒
3ターン
10
3.33
エアスラッシュ
飛行
10.8
3.6
1.5秒
3ターン
9
3
ひのこ
8.4
4.2
1.0秒
2ターン
6
3
レガシー技
つばさでうつ
飛行
6
3
1.0秒
2ターン
7
3.5
レガシー技
りゅうのいぶき
ドラゴン
4
4
0.5秒
1ターン
3
3
レガシー技

※DPT 「1ターン毎に相手に与えることができるダメージ量」高いほど多くのダメージを与える
※EPT 「1ターン毎に貯められるゲージの増加量」ゲージ増加量の効率の良さを表している

 

●ほのおのうず(炎:タイプ一致)

炎技としての性能は悪くないので、リザードンを炎ポケモンとして採用する際にはおすすめです。後述の「ひのこ」に比べるとダメージ効率は低いですが、チャージ効率は高いので、ゲージ技メインで攻める際には採用しましょう。

●効果ばつぐん  草・氷・虫・鋼
●効果いまひとつ 炎・水・岩・ドラゴン

 

●エアスラッシュ(飛行:タイプ一致)

飛行技としての性能はぼちぼちなので、リザードンを飛行ポケモンとして採用する際には使えると思います。後述の「つばさでうつ」に比べるとチャージ効率は低いですが、ダメージ効率は高いので、通常技メインで攻める際には採用しましょう。

●効果ばつぐん  草・格闘・虫
●効果いまひとつ 電気・岩・鋼

 

●ひのこ(炎:タイプ一致)

炎技としての性能は悪くないので、リザードンを炎ポケモンとして採用する際にはおすすめです。前述の「ほのおのうず」に比べるとチャージ効率は低いですが、ダメージ効率は高いので、通常技メインで攻める際には採用しましょう。ただし、レガシー技なので覚えさせるのは難しいかもしれません。

●効果ばつぐん  草・氷・虫・鋼
●効果いまひとつ 炎・水・岩・ドラゴン

 

●つばさでうつ(飛行:タイプ一致)

飛行技としての性能は悪くないので、リザードンを飛行ポケモンとして採用する際にはおすすめです。前述の「エアスラッシュ」に比べるとダメージ効率は低いですが、チャージ効率は高いので、ゲージ技メインで攻める際には採用しましょう。ただし、レガシー技なので覚えさせるのは難しいかもしれません。

●効果ばつぐん  草・格闘・虫
●効果いまひとつ 電気・岩・鋼

 

●りゅうのいぶき(ドラゴン)

ドラゴン技は「等倍」で入る相手が多いので、幅広く見ることができます。リザードンは攻撃力の高いのでこの技との相性は良いです。

●効果ばつぐん  ドラゴン
●効果いまひとつ 鋼・フェアリー(二重耐性)

 

技2(ゲージ技)

技名
タイプ
威力
DPE
消費備考
だいもんじ
168
2.1
80
ドラゴンクロー
ドラゴン
50
1.43
35
オーバーヒート
156
2.84
55自・攻↓↓
100%
かえんほうしゃ
108
1.96
55レガシー技
ブラストバーン
132
2.64
50レガシー技
おんがえし
ノーマル
130
1.86
70リトレーン技
やつあたり
ノーマル
10
0.14
70シャドウ技

※DPE 「威力÷ゲージ消費で算出されたゲージ1あたりの威力地」技2の威力の効率の良さを表す。

 

●だいもんじ(炎:タイプ一致)

1発の威力は高いですが、コミュニティデイ限定技の「ブラストバーン」の方が全体的な性能が良いので、炎技を採用するのであれば「ブラストバーン」の採用をおすすめします。

●効果ばつぐん  草・氷・虫・鋼
●効果いまひとつ 炎・水・岩・ドラゴン

 

●ドラゴンクロー(ドラゴン)

ゲージ消費量が35と少なくコンスタントに撃てるので、リザードンのサブウェポンとしておすすめです。攻撃力の高いリザードンにはピッタリなので、ぜひ覚えさせておきましょう。

●効果ばつぐん  ドラゴン
●効果いまひとつ 鋼・フェアリー(二重耐性)

 

●オーバーヒート(炎:タイプ一致)

1発の威力は高いですが、撃つと自身の攻撃力が2段階落ちてしまいます。全体的な性能を考えるとコミュニティデイ限定技の「ブラストバーン」の方が性能が良いので、炎技を採用するのであれば「ブラストバーン」の採用をおすすめします。

●効果ばつぐん  草・氷・虫・鋼
●効果いまひとつ 炎・水・岩・ドラゴン

 

●かえんほうしゃ(炎:タイプ一致)

ゲージ消費量・火力共に「ブラストバーン」の下位互換です。

●効果ばつぐん  草・氷・虫・鋼
●効果いまひとつ 炎・水・岩・ドラゴン

 

●ブラストバーン(炎:タイプ一致)

リザードンのメインウェポンです。技自体の性能が矢いですし、攻撃力の高いリザードンが繰り出すこの技は破壊力抜群なので、必ず覚えさせておきましょう。

●効果ばつぐん  草・氷・虫・鋼
●効果いまひとつ 炎・水・岩・ドラゴン

 

●おんがえし(ノーマル)

技自体の性能は決して悪くないですが、リザードンは他に優れた技が多く、こちらを採用するのであれば、他の技を採用した方が良いと思います。

●効果ばつぐん  なし
●効果いまひとつ 岩・ゴースト(二重耐性)・鋼

 

●やつあたり(ノーマル)

技自体の性能が悪いので不採用で良いと思います。

●効果ばつぐん  なし
●効果いまひとつ 岩・ゴースト(二重耐性)・鋼

 

ゲージ技のタイミング

技名ほのおのうずエアスラッシュひのこつばさでうつりゅうのいぶき
だいもんじ10-10-10-10-109-9-9-9-914-13-13-14-1312-11-12-11-1227-27-26-27-27
ドラゴンクロー4-3-4-3-44-4-4-4-46-6-6-6-65-5-5-5-512-12-11-12-12
オーバーヒート6-5-6-5-67-6-6-6-610-9-9-9-98-8-8-8-819-18-18-19-18
かえんほうしゃ6-5-6-5-67-6-6-6-610-9-9-9-98-8-8-8-819-18-18-19-18
ブラストバーン5-5-5-5-56-6-5-6-59-8-8-9-88-7-7-7-717-17-16-17-17
おんがえし7-7-7-7-78-8-8-8-712-12-11-12-1210-10-10-10-1024-23-23-24-23
やつあたり7-7-7-7-78-8-8-8-712-12-11-12-1210-10-10-10-1024-23-23-24-23

 

●PVP初心者向け!ちょろのちょろっとメモ!
リザードンの魅力は攻撃力です。対面で有利な場合は心配ないですが、不利な対面の時でも「ブラストバーン」を当てることができれば、勝てるバトルも少なくありません。出し負けてしまい、引き先でも相手のポケモンへの対処が難しそうな時は、上手くブラフを織り交ぜて対面を奪いに行くのもありです。難しい戦いにはなりますが、倒すことができれば逆転も狙えるので、諦めずに狙っていきましょう。

 

 

ダメージ倍率とタイプ相性

倍率 タイプ
×2.56
×1.6 水 電気
×0.63 炎 格闘 地面 鋼 フェアリー
×0.39 草 
×0.24  

 

全体ダメージ表で検索すると負ける対面が多く感じますが、リザードンは、攻撃力があるポケモンなので一発逆転を狙えるポケモンです。対面で不利な相手でも上手くシールドや交代を駆使して技をかわすことで倒すことも可能です。相手のパーティ次第ですが、リザードンをメインで使っていく場合は、リザードンにシールドを集めて戦うのも悪くないと思います。

ゲージ技の「ブラストバーン」を当てることが前提の場合が多いですが、対面性能は悪くないのでブラフを織り交ぜてバトルしてみてください。

 

基本的に有利な対面

タイプ相性の通り、草・虫・格闘には有利です。一見すると有利なポケモンは少なく感じますが、コミュニティ技の「ブラストバーン」を当てることができれば、勝てるポケモンはかなり多いです。なので、見た目の対面表以上に有利な対面が多いです。また、勝てない相手でもシールドアドを奪えることが多いのも特徴です。

 

 

基本的に苦手な対面

一見すると苦手な対面が多いですが、通常技に「りゅうのいぶき」採用した上で「ブラストバーン」を当てれば勝てる対面も少なくありません。

具体的には、ガラルマッギョ・メルメタル・アローラキュウコン・バルジーナ・ニドクイン・タチフサグマ・ドラピオン・ブラッキー・カビゴン・アローラベトベトン・ヨクバリスなどです。とはいえ、防がれてしまうと負けてしまうので、そこはお互いに賭けになります。

また「ほのおのうず」や「エアスラッシュ」を採用した場合でも、「ブラストバーン」を当てることができれば勝てる相手も多いので、その辺は「りゅうのいぶき」とほとんど変わりません。対面に関しては全パターンを載せるのは難しいので、細かい勝敗については調べてみてください。

 

 

注意が必要な対面

タイプ相性で不利なラグラージですが、通常技に「りゅうのいぶき」を採用した場合、理論上は対面を奪うことができます。ただし相手のラグラージがシャドウの場合、ダメージ量が上がるため負けてしまいます。また、シールドを全部使ってやっと勝てる対面なので、基本的にはきつい対面であることは変わりません。

 

 

 

リザードンのブレイクポイント

 

 

リザードンのブレイクポイントで大きく対面が変わりそうなのは、デンチュラとの対面ですね。通常技に「ほのおのうず」を採用した場合、上記のような個体値ならば勝つことができます。

 

 

この他に、対面をひっくり返したり、複数のポケモンに圧倒的に有利になるブレイク個体をご存知の方がいたら、コメントなどで教えてくださると助かります。

 

 

リザードンのおすすめパーティー

 

リザードン・クレセリア・メガニウム

リザードンを使った有名なパーティですね。出し負けの際の引き先はクレセリア、耐久力のあるメガニウムは隠し玉としてとっておき、基本的にはリザードンをメインに残りの2匹をサポート役として使います。裏の2匹は耐久力が高いので、シールドはできるだけエースのリザードンに残しておきましょう。

技構成は、リザードン(りゅうのいぶき・ドラゴンクロー・ブラストバーン)、クレセリア(サイコカッター・みらいよち・くさむずび)、メガニウム(つるのむち・ハードプラント・じしん)

 

リザードン・クレセリア・ナットレイ

前述のパーティと同じく、リザードンをメインに戦うパーティです。出し負けの際の引き先はクレセリア。ナットレイは隠し玉にし、水ポケモンやフェアリーポケモンを処理します。シールドはできるだけエースのリザードンに残しておきましょう。

リザードンを活かすのがポイントなので、上手く交代やシールドを使って「ブラストバーン」をぶち当てましょう。メガニウム入りのパーティと比べると、氷ポケモンや毒ポケモンに強くなりますが、炎ポケモンや鋼ポケモンには弱くなります。

技構成は、リザードン(りゅうのいぶき・ドラゴンクロー・ブラストバーン)、クレセリア(サイコカッター・みらいよち・くさむずび)、ナットレイ(つるのむち・くさむすび・ミラーショット or かみなり)

 

●PVP初心者向け!ちょろのちょろっとメモ!
リザードンは炎&飛行ポケモンですが、通常技に「りゅうのいぶき」を採用しておけば、通常技で水技を使わない水ポケモンとも戦うことができます。とはいえ、不利な対面には変わりないので、相手のゲージ技は交代などで交わしてワンチャン作っていきましょう。リザードンは他に「ほのおのうず」や「エアスラッシュ」などを使うこともできますが、技の相性で有利を取れていない場合はきつい対面が多くなります。そういった意味では、鋼とフェアリー以外には「等倍」を取れる「りゅうのいぶき」を採用するのが無難だと思います。

 

 

リザードンの対戦動画(その2)

 

よかったらチャンネル登録お願いします♪

 

最後にもうひとつ、リザードンを使った動画をあげておきます。

バトルの際の立ち回りの参考にしてください。あと、もし良かったら、このブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録もよろしくお願いします♪

今回の記事でお伝えした内容以外にも「こんな立ち回りがあるよ」だとか「このパーティが良いよ」などがある場合は、コメント欄で教えてくださると助かります。精査して加筆して行こうと思いますので、よろしくお願いします。

 

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

ポケモンGO GOバトルリーグ研究所の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポケモンGO GOバトルリーグ研究所の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

投稿者紹介 投稿者一覧

ちょろ

ポケGOのPVPが好きなのでPVPサイト作りました!趣味はポケモンGO、スノボ、ペットは猫と亀を飼ってます(^^)

コメントを残す

*

関連記事

  • 【スーパーリーグ】シャドウウツボットのブレイクポイントとパーティ!対人戦(PVP)の立ち回りと注意点!【ポケモンGO】

  • 【リトルカップ】最強のポケモンは誰だ?おすすめパーティーの紹介と考察【ポケモンGO】

  • 【ハイパーリーグ】シャドウカイリューの特徴とおすすめパーティ!対人戦(PVP)での立ち回りと注意点!【ポケモンGO】

  • 【ハイパーリーグ】エアームドの特徴とおすすめパーティ!対人戦(PVP)での立ち回りと注意点!【ポケモンGO】

  • 【ハイパーリーグ】ニドクインのブレイクポイントとパーティ!対人戦(PVP)の立ち回りと注意点!【ポケモンGO】

  • テスト用記事