1. TOP
  2. ポケモン図鑑
  3. 【スーパーリーグ】ヤミラミののブレイクポイントとパーティ!対人戦(PVP)の立ち回りと注意点!【ポケモンGO】
Sponsored Link

【スーパーリーグ】ヤミラミののブレイクポイントとパーティ!対人戦(PVP)の立ち回りと注意点!【ポケモンGO】

ヤミラミ( Sableye)
タイプ悪&ゴーストタイプ
SCP1532
CP1499
攻撃118.13
防御125.51
HP127
理想個体値0-15-15(Lv.49.5)

 

Sponsored Link

ヤミラミの対戦動画(その1)

 

よかったらチャンネル登録お願いします♪

 

スーパーリーグでの長所と短所

長所

悪&ゴーストという珍しいタイプになっており、弱点がフェアリーしかありません。

技構成がとても優秀で、通常技のゲージ増量も高く威力も高い「シャドークロー」、ゲージ技で回転が速くタイプ一致の「イカサマ」と「かげうち」を撃つことができます。更に、タイプ一致ではないものの、飛行タイプ・氷タイプ・炎タイプ・虫タイプへの打点として「パワージェム」を覚えることも可能です。

また、リトレーン技の「おんがえし」を覚えている個体ならば、ブラフを織り交ぜつつ戦うことで、上手くやれば、タイプ相性で圧倒的に不利なマリルリやブラッキーなどにもワンチャン作ることが可能です。

短所

全体的な種族値が低いので「シールド有りきの戦い」が要求されます。なので、シールド無しのタイマン性能は高くありません。上手くシールドを活用して、HPとゲージを管理しながら、試合の流れをコントロールする必要があり、使いこなすには管理が必要なポケモンです。

主な立ち回り

ヤミラミはシールド有りの状態であれば、その回転の速さ故、無類の強さを発揮するポケモンです。また、得意なポケモンと不得意なポケモンがハッキリしているため、GOバトルリーグでもよく使われるデオキシスDやスリーパーといったポケモンと対峙した場合は、一方的な展開を作ることが可能です。なので、得意なポケモンを起点に、ゲージをガンガン貯めて、裏のポケモンにも圧をかけていきましょう。

ポイントは「等倍」以上ならば「イカサマ」、「効果いまひとつ」ならば「おんがえし」「かげうち」「パワージェム」を当てていくことです。小回りが利くポケモンなので、シールドや出し入れを上手にしながら、バトルをコントロールしてみてくださいね。

因みに、スーパーリーグ1位の個体は「攻撃0・防御15・HP15」になります。リトレーン個体では交換でゲットする以外は不可能な数値なので、厳選のレベルは最上級になります。

 

●PVP初心者向け!ちょろのちょろっとメモ!
ヤミラミは、全体的な種族値が低めのため、フェアリータイプなどの苦手なタイプとはタイマンで戦わないようにし、交代やシールドを駆使して、技の回転率の高さで勝負するのがポイントです。ゲージ増量が優秀で威力もそこそこある「シャドークロー」でガンガン削りながら、ゲージ技を連発していく、それだけで「等倍」以上の相手にとってはプレッシャーになります。更に「おんがえし」を覚えている場合は、ゲージを貯めることで相手にシールドの択を迫ることも可能です。また、小回りが利くので、苦手なポケモンと当たってしまった場合は「イカサマ」などで時間を稼いで逃げることもできます。

 

 

ヤミラミの覚える技と特徴

技1(通常技)

技名
タイプ
威力
DPT
時間
ターン
増量
EPT
備考
シャドークロー
ゴースト
7.2
3.6
1秒
2ターン
8
4
だましうち
7.2
3.6
1秒
2ターン
6
3

※DPT 「1ターン毎に相手に与えることができるダメージ量」高いほど多くのダメージを与える
※EPT 「1ターン毎に貯められるゲージの増加量」ゲージ増加量の効率の良さを表している

●だましうち(悪:タイプ一致)

基本的な技性能(威力や硬直時間)は「シャドークロー」と同じ、抜群を取れるタイプはもエスパーやゴーストなので「シャドークロー」と同じですが、先程の「シャドークロー」のゲージ増量8に対して、こちらの「だましうち」のゲージ増量は6となっており、あえてこちらを採用する理由はありません。

●効果ばつぐん  エスパー・ゴースト
●効果いまひとつ 格闘・悪・フェアリー

●シャドークロー(ゴースト:タイプ一致)

技の硬直時間が短いのが特徴です。特にゲージ増量は目を見張るものがあり、ゲージ技の「イカサマ」や「かげうち」を連発することができます。硬直時間の短い技のわりに、威力もそこそこあるのでおすすめの技です。

●効果ばつぐん  エスパー・ゴースト
●効果いまひとつ ノーマル(二重耐性)・悪

 

技2(ゲージ技)

技名
タイプ
威力
DPE
消費備考
パワージェム
80
1.33
60
イカサマ
84
1.87
45
かげうち
ゴースト
60
1.33
45
おんがえし
ノーマル
130
1.86
70リトレーン技
やつあたり
ノーマル
10
0.14
70シャドウ技

※DPE 「威力÷ゲージ消費で算出されたゲージ1あたりの威力地」技2の威力の効率の良さを表す。

●パワージェム

タイプ不一致の上、消費ゲージのわりには威力が低いので、基本的には不採用でOKすが、チルタリス・トロピウス・マリルリなどへの打点になるため、採用している人も一定数います。ダメージを与えられるポケモンの幅が広がるので、採用の余地はあります。特にシャドウヤミラミの場合は良いかもしれません。

●効果ばつぐん  炎・氷・飛行・虫
●効果いまひとつ 格闘・地面・鋼

●イカサマ(悪:タイプ一致)

タイプ一致の優秀な技。消費ゲージも50と少なく、タイプ一致補正で、威力が82もあり、ヤミラミのメインウェポンです。「効果がいまひとつ」の相手以外には、有効な武器になるので、必ず覚えさせておくようにしましょう。

●効果ばつぐん  エスパー・ゴースト
●効果いまひとつ 格闘・悪・フェアリー

●かげうち(ゴースト:タイプ一致)

ゲージ消費量が少ないので連発することができます。また、タイプ一致のため威力も60とわりと高く、メインウェポンの「イカサマ」が効かないマリルリなどに対し、サブウェポンとして採用の余地はあります。メインウェポンの「イカサマ」が効きずらい格闘やフェアリーに撃つ場合は、こちらの「かげうち」がおすすめです。

●効果ばつぐん  エスパー・ゴースト
●効果いまひとつ ノーマル(二重耐性)・悪

●おんがえし(ノーマル)

リトレーン限定の技ですが、かなり強力です。今までダメージを与えることができなかった、マリルリやブラッキーなどに大ダメージを与えることができます。小回りが利くヤミラミだからこそ使いこなせる技だと思います。もし、リトレーンヤミラミの良個体を持っていたら、「イカサマ」と「おんがえし」の採用がおすすめです。

●効果ばつぐん  なし
●効果いまひとつ 岩・ゴースト(二重耐性)・鋼

●やつあたり(ノーマル)

ゲージ消費量が多く威力が低いため、おすすめしません。

●効果ばつぐん  なし
●効果いまひとつ 岩・ゴースト(二重耐性)・鋼

 

ゲージ技のタイミング

技名
タイプ
だましうち
シャドークロー
ゴースト
パワージェム
10-10-10-10-108-7-8-7-8
イカサマ
8-7-8-7-86-6-5-6-6
かげうち
ゴースト
8-7-8-7-86-6-5-6-6
おんがえし
ノーマル
12-12-11-12-129-9-9-8-9
やつあたり
ノーマル
12-12-11-12-129-9-9-8-9

 

●PVP初心者向け!ちょろのちょろっとメモ!
ヤミラミの強さの根源はなんと言っても「技の回転の速さにある」ので、ゲージ技は回転率が高くタイプ一致で撃てる「イカサマ」がおすすめです。通常技の「シャドークロー」の優秀なゲージ増量と合わせて、連発することができます。悪技の通りが悪いポケモンには「かげうち」か「パワージェム」、あとは一発逆転の「おんがえし」などを撃っていき、それ以外には「イカサマ」を撃つのが効果的です。また「パワージェム」は岩技なので、技のタイプとしては使い勝手が良いのですが、消費ゲージのわりに威力が低く、タイプ不一致のため、使うとしたら隠し玉として採用すると良いと思います。個人的には苦手なタイプにも大ダメージを与えられる「イカサマ」「おんがえし」のセットが一番良いと思います。

 

 

ダメージ倍率とタイプ相性

倍率 タイプ
×2.56  
×1.6  フェアリー
×0.63  毒 格闘
×0.39  ノーマル エスパー
×0.24  

 

ヤミラミは、防御・HPが低めのポケモンなので、弱点を突かれたり、高火力の通常技で攻撃された場合は、なす術もなくやられてしまいます。ですが、逆に相手の弱点を突いている場合や、個別に有利なポケモンに対しては一方的な展開を作ることができます。

一見、弱いポケモンに思えますが、ほとんどのポケモンに対して「シャドークロー」が「等倍」で入るため、ゲージをガンガン貯めながら「イカサマ」を連発し、交代のアイドルタイムを稼ぎつつ、交代やシールドを駆使して戦うのがポイントです。また、リトレーン技の「おんがえし」との相性も抜群なので、苦手な相手にもワンチャン作れます。

 

基本的に有利な対面

悪&ゴーストのヤミラミは、基本的にエスパー・ゴーストには有利です。耐久力のあるクレセリア・スリーパー・ブルンゲル・デオキシスなどは美味しい相手といえます。

また、悪が入っているとはいえ、ゴーストでもあるため、格闘にも有利に立ち回れます。とはいえ、こちらの悪技もいまひとつになってしまいますし、格闘ポケモンは攻撃力があるポケモンが多いので、ゲージ技には注意が必要になります。

あとは意外ですが、トリデプスやGマッギョなどの鋼にも対面を維持することができます。ただし、シールドを奪われてしまう対面ですので、相手の裏のポケモン次第では注意が必要です。

 

 

基本的に苦手な対面

唯一の弱点であるフェアリーには全く歯が立ちません。プクリン・ピクシー・Aキュウコンなどと対面した際には逃げるか諦めましょう。

また、メインウェポンの「シャドークロー」や「イカサマ」が効かない悪には弱いです。相手の悪技が「等倍」になってしまうのに対し、こちらの悪技やゴースト技はいまひとつになってしまうので勝てません。とはいえ耐久力が低い悪ポケモンに対しては「おんがえし」でワンチャンは狙えます。

注目の対面としては、草ポケモンですね。御三家の草ポケモンは「ハードプラント」を覚えており、中でもフシギバナは攻撃の実数値で負けいる上、回転数も6-6-5と同じとなっており、先行をとられて負けます。ジュカインには回転力、ジャローダとトロピウスには耐久力、ウツボットには「はっぱカッター」でゴリ押されてやられます。ナットレイ以外の草ポケモンには基本的に不利なので注意しましょう。

 

 

注意が必要な対面

オニシズクモとの対面は、相手の技次第で対面を奪われます。相手の通常技が「まとわりつく」の場合は対面を維持できますが「むしくい」の場合は負けます。また「まとわりつく」を採用したオニシズクモでも、「むしのさざめき」にシールドを張れなかった場合、負けてしまうので基本的には不利な対面です。

 

 

 

ヤミラミのブレイクポイント

ヤミラミのブレイクポイントは多くありますが、正直言って厳選がめちゃくちゃ難しいです。というのも、そもそもリトレーン個体だと特別な交換になり、SCPの高い個体をゲットするには仲良し度の低い人との交換が必須になります。

また、攻撃寄りにしてブレイクさせた場合、トドゼルガには勝てるようになるが、HPが足りなくなり、Gマッギョには負けるようになるなど不利な対面も生まれてきます。なので「どのポケモンに勝てるようにしたいか?」という視点での厳選が必要になります。

 

 

どちらにしろ、きわどい勝負ですし、ブレイクポイントは「あくまで相手のポケモンが理想個体である」という前提での計算になるので、誤差の範囲内であれば「無理にブレイクを意識しなくても良いんじゃないか?」と思います。

因みに、ブレイク個体ではないですが、PL40以下の理想個体(15-15-15)のヤミラミであれば、理想個体のフシギバナに対し、攻撃力で上を取れるので勝つことができます。ヤミラミを後追いしてくるブラッキーにもシールドを強要できる可能性が高いので、ブレイク個体よりもそっちを意識した方が良いかもしれません。

もし複数のポケモンに有利になるヤミラミのブレイク個体をご存知の方がいたら、コメントなどで教えてくださると助かります。

 

 

ヤミラミのおすすめパーティー

トリデプス・ヤミラミ・チャーレム

この構成は人気のパーティ構成なので、使っている人も多い構成ですね。出し負けた場合はヤミラミに引き、回転力を武器に「イカサマ」と「おんがえし」でプレッシャーをかけます。対面次第ですが、トリデプスの耐久力を考えると、シールドはヤミラミの対面維持に2枚使ってしまっても大丈夫です。チャーレムの技構成は、普通に「グロウパンチ」「サイコキネシス」でもOKですが、トリデプスがつぶれた後の飛行ケアで「れいとうパンチ」「サイコキネシス」にしておくと範囲が広がります。

 

ヤミラミ・トドゼルガ・ユキメノコ

見れる範囲の広いヤミラミを初手に置き、トドゼルガと合わせて相手のシールドを剥がし、エースのユキメノコを通す構成です。トリデプスなどの鋼が重い構成ですが、そこさえ突破してしまえば、トドゼルガの回転力とユキメノコの火力で押すことができなくもないです。ズルズキンやタチフサグマは頑張って総合力で倒してくださいw

 

●PVP初心者向け!ちょろのちょろっとメモ!
交代やシールドでこちらのHPを管理しつつ、相手を翻弄するのがヤミラミを使ったバトルの基本です。他の2体のポケモンで相手へプレッシャーを与えつつ、回転の速い「イカサマ」と高火力の「おんがえし」で押していきましょう。ヤミラミは見れる範囲が広く、火力もあり、回転もそこそこ速いポケモンですし、弱点もフェアリーしかないため、初手でも引き先でも使えるポケモンです。初心者でも比較的扱いやすいポケモンなので、ぜひ、育てておきましょう。

 

 

ヤミラミの対戦動画(その2)

 

よかったらチャンネル登録お願いします♪

 

最後にもう1つ、ヤミラミを使った動画をあげておきます。

バトルの際の立ち回りの参考にしてください。あと、もし良かったら、このブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録もよろしくお願いします♪

今回の記事でお伝えした内容以外にも「こんな立ち回りがあるよ」だとか「このパーティが良いよ」などがある場合は、コメント欄で教えてくださると助かります。精査して加筆して行こうと思いますので、よろしくお願いします。

 

Sponsored Link

投稿者紹介 投稿者一覧

ちょろ

ポケGOのPVPが好きなのでPVPサイト作りました!趣味はポケモンGO、スノボ、ペットは猫と亀を飼ってます(^^)

コメントを残す

*

関連記事

  • 【スーパーリーグ】トリデプスのブレイクポイントとパーティ!対人戦(PVP)の立ち回りと注意点!【ポケモンGO】

  • 【ハイパーリーグ】アローラキュウコンのブレイクポイントとパーティ!対人戦(PVP)の立ち回りと注意点!【ポケモンGO】

  • 【ハイパーリーグ】カメックスのブレイクポイントとパーティ!対人戦(PVP)の立ち回りと注意点!【ポケモンGO】

  • 【ハイパーリーグ】ガラルマッギョの特徴とおすすめパーティ!対人戦(PVP)での立ち回りと注意点!【ポケモンGO】

  • 【スーパーリーグ】マグカルゴの特徴とおすすめパーティ!対人戦(PVP)での立ち回りと注意点!【ポケモンGO】

  • 【スーパーリーグ】ダーテングの特徴とおすすめパーティ!対人戦(PVP)での立ち回りと注意点!【ポケモンGO】