1. TOP
  2. ポケモン図鑑
  3. 【ハイパーリーグ】ニョロトノのブレイクポイントとパーティ!対人戦(PVP)の立ち回りと注意点!【ポケモンGO】
Sponsored Link

【ハイパーリーグ】ニョロトノのブレイクポイントとパーティ!対人戦(PVP)の立ち回りと注意点!【ポケモンGO】

 

 

ニョロトノ
Politoed
タイプ
SCP2647
CP2498
攻撃144.91
防御161.56
HP184
理想個体値0-15-14(Lv.48.5)

 

 

Sponsored Link

ニョロトノの対戦動画(その1)

 

 

よかったらチャンネル登録よろしくお願いします♪

 

 

ハイパーリーグでの長所と短所

 

長所

長所はなんと言っても「耐久力の高さ」です。ニョロトノは防御力があり、トドゼルガと互角くらいの耐久力があります。また、水単体タイプなので、弱点も電気と草しかなく、ハイパーリーグの環境では、この2つのタイプを通常技で使ってくるポケモンは、そんなに多く出てこないため、戦いやすいという特徴があります。

更に、ゲージ技の「ウェザーボール」は回転が速く、連発することができるため、時間稼ぎに向いており、少しでも早く場に出ることで、その特徴を活かすことができます。また、他のゲージ技「じしん」「ふぶき」はどちらも強力で、環境にも刺さっているため使い勝手が非常に良く、ブラフの「ウェザーボール」を織り交ぜることで、相手にプレッシャーをかけることが可能です。

 

短所

回転が速く、耐久力があるニョロトノですが、全体的な耐久力が上がっているハイパーリーグの環境では、若干パワー不足です。メインウェポンの「ウェザーボール」は回転こそ速いものの威力が低く、弱点を突いている相手でも2~3発必要になるため、そこがネックです。

また、草ポケモン・電気ポケモンといった苦手なタイプのポケモンは、あまり環境にいないですが、草技や電気技をゲージ技で撃てるポケモンはそこそこ多いので、なんだかんだ弱点を突かれることもすくなくありません。更に環境には水ポケモンも多いため、メインウェポンの「ウェザーボール」を軽減されやすいというデメリットもあります。

 

主な立ち回り

回転が速く、耐久力があるニョロノトですが、対面性能はそこまで高くないため、引き先や死に出しで使い、その回転力を武器にブラフを織り交ぜながら戦うのがおすすめです。

ニョロトノの回転力と耐久力であれば、相手の後追い次第では、裏に逃して再登場させるという立ち回りも可能なので、盾役や時間稼ぎにも最適です。上手く出し入れをしながら、ニョロトノならではの特徴を活かして戦うようにしましょう。

因みに、ハイパーリーグ1位の個体は「攻撃0-防御15-HP14(48.5)」になります。野生でもちょいちょい見かけるため、厳選自体は難しくないですが、ニョロ系はニョロトノだけでなくニョロボンも作りたいですし、ニョロトノ自体「地震型」と「吹雪型」どちらも使えるので、XL飴集めが大変です。野生で見かけた時のゲットはもちろんですが、個体厳選も妥協せずにやるようにしましょう。

 

●PVP初心者向け!ちょろのちょろっとメモ!
対面だけを見れば、ニョロトノは出し勝ちが少ないですが、引き先や死に出しで使うと技を連発できるので強いです。また耐久力も高いため、弱点さえ突かれていなければ、大技でも余裕で1発耐え切るだけの耐久力があります。なので、基本的にはシールドを使わずに、相手の様子を見ながら戦うことができるため、戦いながらバトルのプランを練ることが可能です。メンウェポンの「ウェザーボール」を上手く使いながら、ブラフやシールド、交代権のための時間稼ぎなどを駆使して、立ち回ってみてください。

 

 

ニョロトノの覚える技と性能

 

技1(通常技)

技名
タイプ
威力
DPT
時間
ターン
増量
EPT
備考
マッドショット
地面
3
1.5
1.0秒
2ターン
9
4.5
あわ
8.4
2.8
1.5秒
3ターン
11
3.67

※DPT 「1ターン毎に相手に与えることができるダメージ量」高いほど多くのダメージを与える
※EPT 「1ターン毎に貯められるゲージの増加量」ゲージ増加量の効率の良さを表している

 

●マッドショット(地面)

威力こそ低いものの、チャージ効率が非常に良く、ゲージ技を連発するニョロトノとの相性は非常に良いです。ニョロトノの長所はゲージ技の回転率にあるので、基本的にはこちらの採用をおすすめします。

●効果ばつぐん  炎・電気・毒・岩・鋼
●効果いまひとつ 草・飛行(二重耐性)・虫

 

あわ(水:タイプ一致)

チャージ効率は「マッドショット」に劣りますが、それでもチャージ効率は高い方です。ニョロトノを純粋な水ポケモンとして使う場合は、採用の余地はありますが、水ポケモンであれば、他に優秀なポケモンがたくさんいるので、無理に「あわ」を採用する必要はないと思います。

●効果ばつぐん  炎・地面・岩
●効果いまひとつ 水・草・ドラゴン

 

技2(ゲージ技)

技名
タイプ
威力
DPE
消費備考
ハイドロポンプ
156
2.08
75
ふぶき
140
1.87
75
なみのり
78
1.95
40
ウェザーボール
66
1.89
35
じしん
地面
120
1.85
65レガシー技
おんがえし
ノーマル
130
1.86
70リトレーン技
やつあたり
ノーマル
10
0.14
70シャドウ技

※DPE 「威力÷ゲージ消費で算出されたゲージ1あたりの威力地」技2の威力の効率の良さを表す。

 

●ハイドロポンプ(水:タイプ一致)

大技なので一撃必殺は狙えますが、効率としては「ウェザーボール」の方が上なので、無理に採用する必要はありません。

●効果ばつぐん  炎・地面・岩
●効果いまひとつ 水・草・ドラゴン

 

●ふぶき(氷)

環境に多いドラゴンポケモン・飛行ポケモン、草ポケモンに弱点を突けるため、そいつらを視野に入れている場合はおすすめです。ただし「ふぶき」を採用してしまうと、これまた環境に多い水ポケモンに全く打点がなくなってしまうため、この技を採用する場合は、水ポケモンへの対策を忘れないようにしましょう。

●効果ばつぐん  草・地面・飛行・ドラゴン
●効果いまひとつ 炎・水・氷・鋼

 

●なみのり(水:タイプ一致)

1発のダメージ効率は「ウェザーボール」より若干優れていますが、消費ゲージが「ウェザーボール」よりも多いため、回数を撃つという点を考えると微妙です。ニョロトノは回転の速さが売りのポケモンなので、基本的には「なみのり」ではなく「ウェザーボール」の採用がおすすめです。

●効果ばつぐん  炎・地面・岩
●効果いまひとつ 水・草・ドラゴン

 

●ウェザーボール(水:タイプ一致

回転の速さが売りのニョロトノにピッタリの技です。通常技に「マッドショット」を採用すれば、4発ごとに撃てますし、その回転率は全ての技の組み合わせの中でもトップクラスです。ニョロトノのメインウェポンになるので、必ず覚えさせておきましょう。

●効果ばつぐん  炎・地面・岩
●効果いまひとつ 水・草・ドラゴン

 

●じしん(地面

環境へのとおりが良く、同じ水ポケモンにも打点になるため、サブウェポンとしておすすめです。レガシー技なので、簡単に覚えさせることができないというデメリットはありますが、それでも採用する価値のある技なので、できれば覚えさせておきましょう。

●効果ばつぐん  炎・電気・毒・岩・鋼
●効果いまひとつ 草・飛行(二重耐性)・虫

 

●おんがえし(ノーマル

弱点を突けるタイプがいないので、あえて覚えさえる必要はないと思います。

●効果ばつぐん  なし
●効果いまひとつ 岩・ゴースト(二重耐性)・鋼

 

●やつあたり(ノーマル

論外です。

●効果ばつぐん  なし
●効果いまひとつ 岩・ゴースト(二重耐性)・鋼

 

ゲージ技のタイミング

技名マッドショットあわ
ハイドロポンプ9-8-8-9-87-7-7-7-7
ふぶき9-8-8-9-87-7-7-7-7
なみのり5-4-5-4-54-4-3-4-4
ウェザーボール4-4-4-4-44-3-3-3-3
じしん8-7-7-7-86-6-6-6-6
おんがえし8-8-8-8-77-6-7-6-6
やつあたり8-8-8-8-77-6-7-6-6

 

●PVP初心者向け!ちょろのちょろっとメモ!
ニョロトノを使う上でのポイントは、なんと言っても「回転の速さ」です。タイプ一致で小回りの利く「ウェザーボール」の回転はとにかく速く、通常技に「マッドショット」を採用すれば、4発ごとに撃つことができます。なので、少しでも早く場に出すことによって、その回転力を活かしサイクルを回しやすくなり、技のタイミングなどのバトルの主導権を握りやすくなります。サブウェポンに「じしん」と「ふぶき」のどちらを採用するかによって、視野に入れるポケモンが多少変わりますが、上手くブラフを織り交ぜつつ、回転の速さで敵を翻弄していきましょう。

 

 

ダメージ倍率とタイプ相性

 

倍率 タイプ
×2.56
×1.6 草 電気
×0.63 炎 水 氷 
×0.39
×0.24  

 

ニョロトノは苦手なタイプの技が草と電気しかありません。なので、純粋に弱点を突かれることが少なく、そこにニョロトノ本人の耐久力の高さが加わり、粘っこく戦うのに向いているポケモンです。更にメインウェポンの「ウェザーボール」は回転が速く、高速で回すことで時間稼ぎが可能なため、苦手なポケモンとの対面の時間を削ることも可能です。この「粘り強さ」と「回転の速さ」を上手に活かすことができれば、捲くり筋を作りやすいポケモンなので、ぜひ、自分なりの立ち回りを磨いてみてくださいね。

 

基本的に得意なポケモン

水技のとおりが良いため、リザードン・ファイアローなどの炎ポケモン、ガラルマッギョ・ニドクインなどの地面ポケモンに有利です。また、回転が速く、地味に「マッドショット」でのダメージも取れるため、ドクロッグ・シュバルゴ・ドラピオンなどにも勝つことができます。更に粘っこい耐久力と回転力を武器に、カビゴン・ブラッキーなどからもギリギリですが対面を奪うことができます。

 

 

 

基本的に苦手なポケモン

草技が苦手なため、フシギバナ・ナットレイ・オーロットなどの草ポケモンは天敵です。また、カイリュー・ギラティナといったドラゴンポケモンにも水技が効かないので不覚を取ります。更に同じく水技のとおりが悪い、ブルンゲル・ギャラドスなども苦手です。

その他の細かい対面だと、アローラキュウコン・ニンフィアといったなどのあまえる族、草技で地味に削ってくるヨクバリス・クレセリアなどにも勝てません。

 

 

注意が必要な対面

ラグラージとの対面は互角の戦いです。差し込み1発で結果が変わりますし、どちらが先に場に出ているかによっても、対面の結果が変わりやすい繊細なバトルになります。ほんの少しの差ですし「マッドショット」1発分のHPで決着がつくため、個人的には「ニョロトノ側が有利な対面」だと思っています。因みにシャドウラグラージの場合は、こちらが対面を奪えるので純粋に有利ですね。

ハイパーリーグで、人気のラグラージとファイアローを同時に見れるポケモンは多くはないので、ニョロトノはそういった意味も貴重なポケモンだと思います。

 

 

 

ニョロトノのブレイクポイント

 

 

ニョロトノのブレイクポイントをサクッと調べてみたところ、上記のような個体であれば、明確にラグラージからたメインを奪うことができるようになります。元々「マッドショット」1発分の差だったので、ブレイクさせたことによって対面を奪えるようになるのは大きいですね。

とはいえ、その分、他のポケモンにブレイクされれ可能性もありますし、何より、ニョロトノは地震型と吹雪型、更にニョロボンも作りたいポケモンなので、XL飴集めが非常にきついです。ブレイク個体も含めニョロトノを複数作る余裕はないと思うので、まずはSCP準拠の個体を育成してから作るという感じで良いと思います。

 

 

この他に何か対面を大きく対面を返せたり有利になるブレイクポイントをご存知でしたら、随時更新していきますので、ぜひ、コメントで教えてください。

 

 

ニョロトノのおすすめパーティー

 

ガラルマッギョ・ニョロトノ・ファイアロー

 

 

耐久力があり、弱点さえ突かれなければ、いろいろなポケモンと五分に渡り合えるガラルマッギョを初手に置き、格闘ポケモンへの出し負けの場合は、ニョロトノへ引いて回転力で場をかき乱して、最後はエースのファイアローを通す構築です。

ニョロトノは耐久力が高いため、大技を喰らっても耐え切れますし、回転も速いので、ワンチャン裏に逃して再登場という形も作ることができます。

尚、ラグラージなどの水ポケモンの出し負けの際は、相手の「ハイドロカノン」に合わせて、ニョロトノで交代受けできると捲くり筋が作りやすくなります。ガラルマッギョとニョロトノは、耐久力がかなり高いポケモンなので盾役として使い、シールドはできるだけエースのファイアローに預けて戦うようにしましょう。

技構成は、ガラルマッギョ(マッドショット・いわなだれ・じしん)、ニョロトノ(マッドショット・ウェザーボール・じしん or ふぶき)、ファイアロー(やきつくす・ニトロチャージ・ブレイブバード)

 

●PVP初心者向け!ちょろのちょろっとメモ!
ニョロトノは単体での対面性能はさほど高くないですが、少し早めに場に出したり、少しでも起点を作れたりすると、持ち前の回転の速さで、シミュレーションの結果以上の働きができるポケモンです。それを可能にしているのが、意外と高い耐久力で、ギリギリのところで耐えて戦ってくれたりします。やはり、通常技で弱点の草技と電気技を使ってくるポケモンが環境に少ないということもあり、ニョロトノを倒すためにゲージ技を吐かないといけないというのが大きいです。しかも、ゲージ技を吐かずに通常技だけで倒そうとすると「ウェザーボール」がガンガン飛んでくるので、相手としてもあまり悠長ができないという面もあります。実際にニョロトノを相手にするとシミュレーションで見た結果以上に厄介な存在なので、XL飴に余裕のある人は、ぜひ、ニョロトノを育成して使ってみてくださいね。

 

 

ニョロトノの対戦動画(その2)

 

 

よかったらチャンネル登録よろしくお願いします♪

 

最後にもうひとつ、ニョロトノを使った動画をあげておきます。

バトルの際の立ち回りの参考にしてください。あと、もし良かったら、このブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録もよろしくお願いします♪

今回の記事でお伝えした内容以外にも「こんな立ち回りがあるよ」だとか「このパーティが良いよ」などがある場合は、コメント欄で教えてくださると助かります。精査して加筆して行こうと思いますので、よろしくお願いします。

 

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

ポケモンGO GOバトルリーグ研究所の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポケモンGO GOバトルリーグ研究所の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

投稿者紹介 投稿者一覧

ちょろ

ポケGOのPVPが好きなのでPVPサイト作りました!趣味はポケモンGO、スノボ、ペットは猫と亀を飼ってます(^^)

コメントを残す

*

関連記事

  • 【スーパーリーグ】トロピウスの特徴とおすすめパーティ!対人戦(PVP)での立ち回りと注意点!【ポケモンGO】

  • 【スーパーリーグ】ヤルキモノのブレイクポイントとパーティ!対人戦(PVP)の立ち回りと注意点!【ポケモンGO】

  • 【ハイパーリーグ】マッギョのブレイクポイントとパーティ!対人戦(PVP)の立ち回りと注意点!【ポケモンGO】

  • 【ハイパーリーグ】シャドウカイリューの特徴とおすすめパーティ!対人戦(PVP)での立ち回りと注意点!【ポケモンGO】

  • 【スーパーリーグ】ネギガナイトのブレイクポイントとパーティ!対人戦(PVP)の立ち回りと注意点!【ポケモンGO】

  • 【スーパーリーグ】フシギバナの特徴とおすすめパーティ!対人戦(PVP)での立ち回りと注意点!【ポケモンGO】